お年玉はいつからあげる?相場は?誰にあげるの?

新しい年が始まると親戚同士で集まり親戚の子供たち
とも会う機会が増えますね。

その時に悩むのがお年玉ではないですか?

小さい子だといつからあげたらいいのか?
いくらくらいあげたらいいのか悩みの種はつきません。

そんなあなたに少しでも参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

お年玉は無理せずできる範囲で

 

お年玉の由来は、お正月にお供えした鏡餅を子ども達に分け与えたのが始まりで、
次第にお金を渡す風習に変わったようです。

子供のころ、お正月にお年玉をもらうのは楽しみでしたね。

でもお年玉をあげる方になると、
もし親戚や親しい人が多い場合はかなりの出費になり、
ちょっと頭の痛い場合もありますね。

またあまり小さいうちからお年玉をあげるべきか迷うこともありますが、
一般的にはお年玉はいくらぐらいが適当かも知りたいところですね。
そこで、最近のお年玉の相場と気を付けるべきことをまとめてみました。

平均的なお年玉の金額

いつからあげるか

まず、お年玉は何歳ぐらいからあげるのが適当なのでしょうか。

一般的には自分でお金を使えるようになる小学生ぐらいからのようですが
それ以下のお子さんのために何か買ってあげたい
祖父母がお年玉という形で現金を贈ることはあるようです。

もちろんこのような場合にはお年玉はお子さんに直接渡すのではなく、
ご両親に「○○ちゃんのためにお菓子かおもちゃでも買ってあげてくださいね。」
と言って渡すのがいいですね。

金額はあまり高額でない方が良いでしょう。

スポンサーリンク

お年玉の相場

幼稚園児にあげるとすれば1000円程度、
小学生ならば3000円ぐらい、中学生ならば5000円ぐらい、
高校生ならば10000円ぐらい、
大学生ならば10000円が平均的のようです。

幼児や小学校低学年のお子さんならば、
金額を多くするよりもポチ袋に100円玉をいくつか入れてすぐに
駄菓子屋さんに行って買い物をできるようにしてあげるのも、良いアイデアですね。

金銭的に余裕がある場合でも、まだお金の使い方がよく分からない
小中学生にあまり高額なお年玉をあげるのは感心しません。

無駄遣いを奨励しかねないからです。

高齢者の方へ

また一人暮らしの高齢者にお小遣いのつもりで、
お正月にお年玉として持って行くのは喜ばれます。

そのような場合には金額はその人が遠慮せずに受け取れる範囲の額がいいと思います。

現役の息子さんからなら多少多めの金額でもいいし、
働き始めたお孫さんからなら少額でもいいわけです。

親戚のお子さんには

親戚が多く付き合いも盛んな場合は、
子どもたちへのお年玉の出費もかなりになりますから、
ある程度原則を決めて対処したいところです。

ある人は親戚が多いので、親戚同士でお年玉の金額を決めて(例えば一律に一人3000円)
それ以上はあげないことにしているそうです。

でも、必ずしも金額を決めることが出来るわけではないので、
自分のできる範囲で、また付き合いの程度に応じて、
お年玉をあげるべきか、あげるとしてらいくらにするか決めるのが良いでしょう。

よく会い、親しくしている親戚ならば小学生ぐらいからお年玉をあげたいし、
遠くに住んでいてめったに会わないお子さんならば、あげなくてもよいわけです。

金額については平均的な額でよいのですが、
家族ぐるみで親しくしている親戚の場合、
我が家は子どもが三人でそれぞれがお年玉をもらっているのに、
先方はお子さんが一人なので、損をさせてはいけないからと
三人がもらったお年玉の金額に近い多額のお年玉を一人にあげている例がありますが、
お子さんのためには良くないのではないでしょうか。

そのような場合は一人分の平均的な額のお年玉をあげて、
なにかの折に贈り物をするなどして埋め合わせをするのが良いでしょう。

もっともお年玉は損得のやり取りではないので、
心からのありがとうで済ませられたら一番良いですね。

スポンサーリンク

まとめ

お年玉はもらって嬉しいものですが、
無理のない範囲で気持ちよく贈りたいものです。小学生なら3000円程度、
中学生ならば5000円程度、高校生や大学生ならば10000円ぐらいが目安ですが、
親戚や親しい人ならば、付き合いに応じてあげるかどうか、
またいくらにするか決めたいところです。