母の日のプレゼント花の種類 注文はどうする?相場は?

母の日にお花お贈りたいけど毎年贈ったらネタ切れになりそう。

母の日に贈る花ってどんな種類があるんだろうと思っている方に母の日に贈ったら喜ばれる
お花を調べてみました。

今年はどれを贈ろう?と悩んでいる方は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

母の日のプレゼント花の種類

カーネーション

まずは定番のカーネーションですね
カーネーションは色も豊富で
アレンジにしても鉢植えで贈るのもどちらもおすすめです。
カーネーションの色にはそれぞれ花言葉があるので
色選びはちょっと気を付けてください。
カーネーションの色の意味を参考にしてもらえば大丈夫です!

私は毎年カーネーションでもいいと思います。
母の日にカーネーションを贈るのは定番ですので毎年贈るのもありだと思います。

カーネーションはカラーバリエーションも豊富で変わり種も沢山ありますので毎年贈ってもネタ切れとはならないと思います。

バラ

バラも母の日には人気のお花です。

バラも色の種類は豊富でアレンジメントにしても花束にしてもとても見栄えはいいですね。
プリザーブドフラワーもきれいですよね。
色に関してはお母様の雰囲気に合う色を選ぶといいです。

バラ好きの方は多いのでお母さまが好きな花だったらぜひ贈りましょう。

ガーベラ


ガーベラはかわいいお花で鉢植えやアレンジでも人気ですこちらも色の種類も豊富です。
鉢植えもいいですがアレンジメントにするととてもかわいいものが多いです。
ガーデニング好きなお母さんには鉢植えでガーデニングには興味のないお母さんにはアレンジメントがおすすめです。

アジサイ


近年人気上昇中なのがアジサイです。
アジサイはボリュームのある花なので豪華な見た目です。
色や種類も豊富でとても人気があります。
鉢植えがおすすめです。

母の日に花注文はどうするの?

注文の仕方がわからないという方も多いかもしれませんね。

大きく分けてネット注文とリアル店舗にての注文になるかと思います。

ネット注文の場合

早く注文すると早割など適用のなるところもあるようです。
ネット注文の場合、サイトを見ると写真が出ていますので写真を見て決めることができます。

母の日は注文も多くなりますのでやはり早めがいいですね。

ちょっと早めに送りたいとかつぼみの多いものがいいなってこともあるかと思います。
その旨お店側に伝えるとだいたい希望に沿ったものにしてもらえますのでネットであればメールで問い合わせてみるといいです。

そこでいいと思えたのなら注文しますが、注文する際には名前、住所、電話番号、送り先の住所などが必要です。

必要事項記入欄がありますので必要事項を記入しましょう。

リアル店舗の場合

だいたいネットと同じですがリアル店舗の場合
お店にアレンジが展示してあれば好みの感じのものがあればこんな感じでと言えばいいですが
無ければ母の日用でなに色系で(例えばピンク系で)予算幾らくらいで
希望の花(例えばガーベラ)を入れて下さい。
と言えば希望に沿ったものを作ってもらえます。

生花店といえども人それぞれのセンスがありますので展示品を見て自分の思っている感じとかけ離れていてどうにも…という場合は他の生花店に行ってみるのもおすすめです。

今は母の日が近くなるとスーパーに専用のコーナーができてアレンジや花束、鉢植えまでもずらりと並んでいますね。

そういうのも活用するのもいいですね。

生花店の場合、鉢植えであれば予算と花の種類と取りに来る日を言っておけば日にちに合わせて取り寄せてもらえます。
送るのであればその旨伝えると送ってもらえます。

母の日の花の相場は?

気になるのは相場ですよね?

だいたい相場は3000円から5000円になります。

やはり3000円以上出さないと見栄えのいいものにならないので
3000円は用意したほうが言いと思います。

まとめ

母の日に贈るものってすごく悩みますよね?
一生懸命迷いながら選んでお母さんにプレゼントしたら
きっと喜んでもらえます。

お母さんの喜ぶ姿を想像しながら選ぶのも楽しいものですよ。

素敵な母の日になりますように。

スポンサーリンク