梅酒の作り方や梅酒のアレンジ梅酒の梅の活用法の紹介

美味しい梅酒が飲みたい!

私ごとではありますが先日梅酒の飲み比べをしました。

同じ梅酒とは言っても味が全然違いますね。

どれも美味しいですが自分で作ってみたいという思いがフツフツと
湧き上がりました。

ちょうど梅の季節でスーパーでも青梅をよく見かけるので
作ってみることにしました。

スポンサーリンク
  

梅酒の作り方

初めての梅酒つくりなので基本的な梅酒の作り方です。

材料

青梅 1㎏
氷砂糖 800g
ホワイトリカー 1.8L 果実酒用のホワイトリカーがおすすめです。

※お酒は日本酒やブランデーなどでもいいですが
アルコール度数20度以上のお酒を使うようにしてください。

※砂糖は黒糖やはちみつでもOKですがそれぞれ甘さが違うので分量の調節が必要になります。

1.梅を水でよく洗います。洗ったら水に漬けてアクを抜きます。1時間位~2時間程度

2.梅酒を漬ける瓶の消毒をします。
熱湯を瓶全体にかけるように注いで全体に行きわたったら熱湯は捨てます。
瓶の口を下にして乾燥させます。

3.アクを抜いたらきれいなタオルなどで水をふき取ります。

4.3の梅のヘタを取り除きます。ヘタは爪楊枝や竹串などでとります。
梅は金属を嫌うそうなので爪楊枝や竹串を使った方がよさそうです。


5.梅と氷砂糖は2つに分けて瓶に青梅→氷砂糖→青梅→氷砂糖の順番で
丁寧に入れていきます


スポンサーリンク

6.5にホワイトリカーを注いで漬け込みは完了です。

後は直射日光の当たらない涼しい場所で1年から1年半くらい待ちます。

1年から1年半経ったら梅は取り除きましょう。
梅を取り除いたら漉します。その後長期保存ができます。

1年後美味しくなってまた会いましょう。

梅酒をアレンジしよう

梅酒はロック、水割り、ソーダ割りでも十分に美味しいですが
いつもとちょっと違う梅酒を楽しんでみませんか?

私が実際にやってみた梅酒アレンジを紹介します。

梅酒+ビール割

私はビールはそんなに得意な方ではありません。
最初の1杯だけでいい人です。

そんな私でも梅酒をビールで割ると美味しです。
ビールが飲みやすい。
梅酒の甘味のおかげで飲みやすくなりました。

梅酒+ソーダ+ライム

大人の梅酒ソーダの出来上がりです。
いつもとは一味違う飲みやすい味に仕上がりました。

梅酒+サイダー+フルーツミックス缶+白玉

もはや飲み物ではないですね。でもとっても美味しいです。
白玉はお好みでどうぞ♪

以外と梅酒は何にでも合います。
アイディア次第でいろんなことができますね。

梅酒の梅の活用法

梅酒の梅が余って使い道に困るということはありませんか?

梅酒の梅でゼリーを作ってみたりしてもまだ余る・・・というのは私のことです。

そこで考えたのが梅味噌なんです。

以前知り合いの方から教えてもらった梅味噌は梅酒の残りではなく
生の梅から作る梅味噌を教えてもらいました。

でも梅酒の梅が余っているならこの梅で梅味噌を作ることができないかな?と・・・

ちゃんとできました!

梅酒の梅の種を取り除きみじん切りに
同量の味噌と砂糖を鍋に入れ煮詰めます。

ペースト状になるまで煮詰めて完成です。

味の好みがありますので味噌と砂糖はお好みで調整してください。

この梅味噌はそのまま野菜などにつけてもいいですし
マヨネーズと合わせるのもおすすめです。

梅味噌と酢、砂糖、オリーブオイルでドレシングにしても美味しいです。

梅酒の梅でジャムなんかもよさそうです。
私は作ったことがないので今度作ってみたいと思っています。

また作ったら感想なども載せようかと思います。

これを煮込んでいきますが砂糖が入っていますので焦げやすくなっています。

まとめ

自家製の物は作る楽しみや食べる楽しみがあっていいですよね。

漬け込むものはどうしても熟成に時間がかかります。

この待っている間が待ち遠しいですができた時の喜びがたまらないものです。

あなたも挑戦してみませんか?

スポンサーリンク