日焼け止めの選び方気を付けたい成分とは?SPFの効果やPAについて

日焼けが気になる季節になってきましたね。
日焼け止めの購入を考えているけど何を基準にしたらいいの?
なんて方も多いと思います。

日焼け止めについて調べてみましたので参考にしてみてください。

スポンサーリンク
  

日焼け止めの選び方気を付けたい成分とは?

日焼け止めには紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の2種があります。

紫外線吸収剤は紫外線を吸収し科学的にエネルギーに変えて放出させて
肌に侵入しないようにする働きがあります。

肌の負担が大きくアレルギーが出やすいです。
個人差がありますので何ともない人はアレルギーなど出ません。

代表的な表示成分は以下の通りです。
t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン(主にUV-Aを吸収)
メトキシケイヒ酸エチルヘキシル(主にUV-Bを吸収)
オキシベンゾン-3(UV-AとUV-Bの両方を吸収)

紫外線散乱剤は肌の表面で紫外線を跳ね返して
肌に当たらないようにする働きがあります。
効果の持続性もあり肌の負担が少ないのが特徴です。
代表的な表示成分『酸化チタン』や『酸化亜鉛』で
UV-AとUV-Bの両方が防げるのが特徴です。

ご自分の肌に合うものを見つけるのが大切ですね。

日焼け止めSPFの効果

紫外線はUVAとUVBがあります。

UVA(紫外線A波)は紫外線の95%を占めています。
浸透力が高いのが特徴肌に与える影響は大きいです。
お肌に浴びたUVAの20~30%が肌の奥まで達すると考えられています。

スポンサーリンク

シミやシワたるみの原因になります。

UVB(紫外線B波)は紫外線の5%を占めています。
肌の表面で吸収されるので肌の奥までほとんど浸透しません
エネルギーが強いのが特徴で表皮に影響を与え火傷のように赤くなったり
日焼けしシミやそばかすの原因になります。

SPFとは「Sun Protection Factor」の略
紫外線B波の防止効果表します
数字が大きいほど効果が高いです。

紫外線が当たりだしてから日焼けするまでのの時間を例えばSPF50なら
50倍遅らせることができるという意味です

紫外線が当たりだしてから日焼けするまでの時間は個人差があり
だいたい15分から20分くらいといわれています。
SPF50が最大です。

数値が大きいほど肌に負担がかかりますので
普段使いは30外でのレジャーの時は50と使い分けるのがおすすめです。

日焼け止めのPAが高いとは?

「Protection Grade of UVA」の略
紫外線A波の防止効果を表わします。
+で表します。

PA+効果がある++かなり効果がある
+++非常に効果がある++++極めて効果がある

と4段階に設定されています。

+多いほど効果があります。

まとめ

これからの季節はレジャーなど
紫外線対策が必須になります。

紫外線はシミやシワの原因にもなるので
気を付けたいですよね。

日焼け止めの効果の見方や成分など
ご自身に合ったものを選ぶのが大切ですね。

スポンサーリンク