中秋の名月2019団子の由来や団子レシピの紹介

夏の終わりも近づき夜になると涼しくなってきました。

秋と言えばお月見ですね。

今年の中秋の名月やお月見に欠かせないお団子について紹介します。

スポンサーリンク
  

中秋の名月2019年はいつ?

中秋の名月は9月13日金曜日です。

中秋の名月は満月と思われがちですが
中秋の名月とは十五夜の月のことで太陰太陽暦の8月15日の夜の月のことです。
1年で最も美しく見える月とされています。

暦の違いから日にちがずれてしまうこともありズレが生じます。

しかしながら満月の前後の月は明るいので名月を楽しむには問題ありません。

中秋の名月十五夜の関係ですが
中秋の名月は太陰太陽暦の8月15日をさします。

一方、十五夜は新月を1日として15日目の月のことです。
昔は太陰太陽暦で月の満ち欠けを基準にしたものでした。

今でも月の満ち欠けに合わせ生活のリズムを整える方法もあります。

十五夜は年に12回ありますが中秋の名月はそのうちの太陰太陽暦の8月15日と
いうことになります。

中秋の名月に団子の由来は?

中秋の名月と言えばお団子ですよね?

なぜお団子なのでしょう?

昔は月を信仰の対象としていて豊作や豊漁の祈願をしていました。

中秋の名月にお米の豊作を願い米で作った団子を供えたのが
今のお団子の風習になったとされています。

お団子を丸くするのは月を見立てたとも言われています。

お団子は十五夜にかけて15個供える説や
1年の満月と同じ数ということで12個供える(うるう年は13個供えます)
説があります。

並べ方は

15個供える場合
1段目 3×3 9個
2段目 2×2 4個
3段目 2個

12個供える場合
1段目 3×3 9個
2段目 3個

13個供える場合
1段目 3×3 9個
2段目 2×2 4個

重ねてピラミッドのように飾ります。

15個の省略として

1段目 2×2 4個
2段目 1個

の場合もあります。

スポンサーリンク

三方という器(鏡餅を飾るものと言えば分りやすいかもしれません)
に半紙などの白い紙の上に飾るのが正式ですが
三方はなかなか無いと思います。

お皿などの器に白い紙を敷いてそこにお団子を飾ってもいいですね。

お団子は月から見える場所にお供えします。
その時ススキなどの自然の物は月から見て左側
人の手を加えたものは右側にお供えします。

ススキは稲穂に似ているので稲穂にみたててお供えするとされています。
またススキの切り口は鋭いので魔除けになるとも言われています。

中秋の名月に作りたい団子レシピ

材料

白いお団子
白玉粉 100g
絹ごし豆腐 100g

黄色いお団子
白玉粉 50g
絹ごし豆腐 30g
カボチャ  20g

1.かぼちゃはレンジで柔らかくして皮を取ってつぶします。
2.ボチャと白玉粉をボールに入れてよくこねます。
3.2に絹ごし豆腐をすこしずつ入れて耳たぶくらいの硬さにします。
この時耳たぶくらいの硬さになったら豆腐は全部使わなくてもいいです。
4.白玉粉と絹ごし豆腐をこねていきます。
この時も目安は耳たぶの硬さです。柔らかさは豆腐で調整してください。

5.黄色いカボチャ団子と白いお団子を真ん丸に丸めます。
6.鍋にお湯を沸かし丸めたお団子を茹でます。
7.浮いてきて1.2分経ったら引き揚げ冷水にとります。
8.冷めたらざるにあげ水気を切ってお皿等に並べて完成です。

あまったお団子はお皿にアイスクリームとあんこをのっけてクリーム白玉や
みたらし団子などに使って下さい。

白玉粉は絹ごし豆腐を使うと硬くなりにくいのでおすすめです。

まとめ

十五夜になるとスーパーやコンビニでも多数のお団子など
お月見グッズが売られていますね。

私は仕事をしているのでいつも仕事の帰りにお団子を買いに行っても
売切れたりしています。

白玉粉と絹ごし豆腐があれば売切れててもお供えができます。

ちょっとの手間でお月見団子ができますので
挑戦してみてはいかがでしょう?

スポンサーリンク