ハムスターは何で登りたがる?うんていは落下の危険対策は?

我が家のキンクマハムスターは三代目のハムスターなのですが
三代目J soul brothersではないですよ(笑)
うんてうが凄すぎて対策をしなくてはと思い始めました。

我が家にやってきてまだ3週間程ですが
うんていが日に日に上手くなっていきます。

歴代のキンクマハムスターはそんなにうんていをしなかったので
ちょっとびっくりですがハムスターにも個性があるんですね!

やっぱり夜中に活動していると思うので寝ている間に何かあっては大変なので
何かしらの対策を講じてみたいと思います。

スポンサーリンク
  

ハムスターは何で登りたがる?

そもそもハムスターはなんで登りたがるのでしょうか?

ハムスターはいつも脱走の機会を狙っています。

そこで金網のケージであろうものならよじ登りうんていをはじめます。

ここで脱走が成功しようものならずっと同じことを繰り返します。

散歩の習慣がついているハムスターもまた出せ出せ攻撃を仕掛けてきます。

金網のケージは登りやすさも影響してうんていを始めます。

うちの場合はケージの上の部分のみ金網ですがトイレやハウスに上ると
天井に届いてしまうため毎日うんていをしています。

ハムスターのうんていは落下の危険が

ハムスターのうんていは器用に天井によじ登り上手に渡り歩く姿は
見ていて面白いのですが落下した際に怪我をする危険性があります。

骨折や死亡することさえあります。

ハムスターは夜行性ですので夜中に活発に活動します。

夜中に活動してその時にけがなどを負っていたら大変ですよね。

なのでケージの安全確保も大切になってきます。

今までハムスターを飼ってみてやっぱり個体差があります。

今までの歴代のハムスターはうんていをする子はいませんでした。

歴代のハムスターは全部キンクマハムスターでしたが体が大きいため
ハウスなどの上に立つと天井に届くのですが、多少ぶら下がることはありましたが
うんていをする子はいませんでした。

今の三代目ハムスターは初日からうんていをはじめて今では軽々
うんていをしていてやらなくなる気配が全くないため
今回対策を講じることとなりました。

ハムスターのうんてい対策

具体的に対策をしていきたいと思います。

対策としてはうんていができないように天井の内側に壁を作っていきたいと思います。

まずはハムスターに避難してもらいます。

材料
・アクリル板(DIYで余ってたものがあったので) 下敷きとかクリアファイルでもいいと思います。
・結束バンド
・きり(穴をあけれるもの)

スポンサーリンク

アクリル板をケージの天井の金網の部分大きさに合わせて切る

切り口をやすりで削りました。

四隅と真ん中の2か所合計6か所に穴をあける

6か所それぞれ金網に結束バンドでとめれるように金網をまたいで2か所ずつ穴をあけます。

こんな感じで結束バンドでとめます。

100均のこれが便利


最終的にはこのようになりました。

この対策の結果は大成功のようです!
やはりつかめるところがないのでぶら下がることもできないようで
落下することがなくなりました。

まとめ

とても気になっていたうんていができなくなり一安心です。
ハムスターはご不満のようですが危険が減ったので我慢してもらうことにします。

わりと簡単にできる対策なのでおすすめです。

こんな記事も読まれています

ゴールデンハムスターのケージの大きさレイアウトや置き場所の紹介

ゴールデンハムスターの種類や飼い方寿命の平均

スポンサーリンク