チアシードVSチアシードオイル!使い方や食べ方効果について

チアシードはご存知でしょうか?
健康やダイエットに効果があると話題になっています。

チアシードオイルとチアシードそのもの効果の違いや使い方など
紹介したいと思います。

スポンサーリンク
  

チアシードオイルとは?使い方は?

チアシードオイルとはシソ科の「チア」という植物の種から抽出した油です。

必須脂肪酸のα-リノレン酸が豊富でえごま油や亜麻仁油によく似ています。
えごま油や亜麻仁油と似ていますが、チアシードオイルはα‐リノレン酸が
一番多く含まれていています。

チアシードオイルは熱にとても弱い為加熱しないで使うことがポイントです。

サラダのドレッシングなどに使うのがおすすめです。

チアシードの食べ方

一方のチアシードそのものは「チア」の種の部分ですね。

この種は水につけるとゼリー状の物が種を覆います。
そしてそれを食べると10倍にも20倍にもなるんです。

なので食事の前に摂取するとお腹の中で膨れて食べ過ぎ防止になり
ダイエットにつながります。

もちろんチアシードはカロリーが低いうえに栄養も豊富なので
栄養の面でもダイエットに適しています。

スポンサーリンク

チアシードは見た目はゴマのような小さな黒い粒です。
そのままでも食べることができますが、ヨーグルトに入れたり
ドリンクに混ぜて摂取します。

1日の摂取量はティースプーン1杯程度です。

チアシードオイル、チアシードの効果

チアシードオイル、チアシードともにオメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸の
バランスよくアレルギー症状の緩和、血流が良くなり血圧を下げる効果が期待できます。
またコレステロールを下げる効果も期待できます。

食物繊維も豊富で特にチアシードそのものの方は
水につけるとゼリー状のものが種を包みます。

そのゼリー状のものはグルコマンナンという成分で
こんにゃくと同じ成分でお腹に入ると10倍以上に膨らむので
食べ過ぎ防止に役立ちます。

食物繊維が豊富なので便秘にも効果があります。

健康維持の目的で摂取するにはチアシードオイル
ダイエットの目的で摂取するならチアシード

と使い分けるのがおすすめです。

チアシードを手軽に摂取する方法

まとめ

チアシードはスパーフードと言われるくらい栄養豊富な食品です。

賢く摂取して健康維持やダイエットに役立ててみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク