喪中の期間のお中元贈っても大丈夫?熨斗やマナーは?

今年もまたお中元の季節がやってきます。
毎年頭を悩ませている方も多いと思います。

特に喪中の相手にお中元ってどうなの?
なんてなんでいる方も多いですよね。

ここで喪中の相手にお中元贈る際に気を付けること
など調べてみました。

スポンサーリンク

喪中の期間にお中元を贈っても大丈夫?

喪中の相手にお中元を贈っていいのか悩んでしまいますよね?

喪中の間は故人を悼み身を慎むことで故人の冥福を祈り晴れがましいことや
派手なことは慎みましょうという期間です。

お中元は暑い季節に日ごろからお世話になっている方に感謝の気持ちと健康を
願う気持ちを表しています。

感謝の気持ちを贈るので喪中の相手でも
お中元を贈っても問題ありません。

中には気にする方もいますので
熨斗などの工夫次第で対応できます。

お中元を喪中の人に贈るとき熨斗はどうしたらいいの?

喪中の相手にお中元を贈るときに一番気になるのは熨斗ではないでしょうか?

スポンサーリンク

喪中の時お中元を贈っても問題ありませんが
熨斗、紅白の水引は使用しないのがマナーと言えます。

熨斗や紅白の水引はお祝いの意味があるそうです。

なので白無地の短冊にお中元とだけ書いて贈ります。

お中元コーナーでその旨を伝えると対応してくれます。

お中元コーナーの店員さんはプロなのでわからなことは
相談しましょう。

お中元喪中の人に贈るマナー

お中元は挨拶の意味贈るものなのでお祝いではありません。
日ごろの感謝の気持ちを伝える手段ですのでお中元を贈るのは
問題ありません。

贈るときには熨斗に注意が必要です。

また気を付けたいのが49日法要が終わっていない場合は
時期をずらすのがマナーです。

49日が済んでから贈りましょう。

まとめ

お中元は日ごろの感謝のご挨拶ですので
贈るほうも気持ちよく贈りたいものですね。

これで喪中の相手でもお中元を贈りご挨拶ができます。

これからも相手の方といい関係が続きますように・・・

スポンサーリンク