八十八夜っていつ?【2018年】八十八夜の意味やお茶について

「な~つもち~かづく八十八夜♪」
有名な歌もありますがいつか知っていますか?

今年の八十八夜は5月2日です。

新茶の季節でもありますね。
美味しい新茶が飲みたいですね。

スポンサーリンク

八十八夜っていつ?【2018年】

八十八夜とは立春から八十八日目のことで
八十八夜春から夏への季節の変わり目で天候が安定してくることから
夏の準備をする時期でもあります

2018年は5月2日

八十八夜は雑節の一つで
雑節は昔季節の変わり目をわかるようにしたもので
節分や彼岸も雑節の一つです。

昔の人は農業や漁業をするうえで
雑節でスケジュールを決めていたようです。

八十八夜とお茶

八十八夜と言えばお茶摘みをイメージするのではないでしょうか?
実は地域によって気候が違うので
八十八夜にお茶摘みを必ずするというわけではありません。

八十八夜に収穫されるお茶は新茶と言われるもので大変重宝されます。

スポンサーリンク

新茶はカテキン(渋み)カフェイン(苦味)が少なく変わりに
テアニン(旨味)が多くフレッシュな香りが特徴です

八十八夜に摘まれたお茶を飲むと長生きできるという言い伝えもあることから
新茶は重宝されています。

八十八夜の意味は?

八十八夜は立春から八十八日目のことです。
なんで夜なんだ?って思ったことはありませんか
諸説ありますが八十八日でもよかったけど八十八夜
のほうが言いやすいからともいわれています。

八十八夜は太陰暦の雑節の一つで
いまの暦の立春から八十八日目にあたります。

昔の雑節八十八夜を今の暦に合わせると若干誤差が出るので
毎年違う日が八十八夜になるのです。

八十八夜の別れ霜という言葉がありますが
八十八夜をすぎるとしもが降りなくなるという意味です。

霜が降りることもなくなるので作物を育てる目安にしているようです。

まとめ

八十八夜は雑節の季節の変わり目、春から夏になる日
を表していて夏の準備に入る日だったのですね。

新茶もとれる季節ですので新茶を飲みながら夏を待ってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク