梅雨の時期の洗濯から部屋干しの湿気や生乾きの臭い対策

梅雨の時期って毎日天気もすっきりしないし
ジメジメして気分もあまり上がりませんよね。

この時期本当に困るのが洗濯ではないでしょうか?

洗濯物も乾かなかったり臭いが気になったり・・・

洗濯の仕方をちょっと変えると今までより快適に過ごせるかもしれません。

スポンサーリンク
  

梅雨の時期の洗濯のちょっとしたコツ

梅雨の時期の洗濯は干すこととか臭いとか気になっちゃいますよね。
そこで洗濯の時にちょっとひと手間加えることで
臭いの対策や乾きを早くします。

洗濯はこまめにする。
手間にはなりますが少量だと
干すときもスペースが生まれ乾きやすくなります。

臭いの対策にはワイドハイターなどの柄物漂白剤を
洗濯時に入れるのがおすすめです。

すでに臭っているものには効きませんが予防には
効果がありますよ

今の洗濯機はだいたい全自動だと思います。
洗濯してすすいで脱水したらお知らせしてくれると思います。
そこでひと手間加えてもう1回脱水をすると乾きが早くなります。

乾燥付きの洗濯機ですとちょこっと乾燥とかちょっとだけ
乾燥する機能がついてたりするのでそういう機能を活用するのもおすすめです。

梅雨の部屋干しの湿気対策は?

梅雨時はどうしても部屋干しになってしまいがちですよね。

部屋干しにすると気になるのがお部屋の湿気ですよね。

湿気対策はエアコンがあればエアコンでドライ設定にして扇風機なんて有効です。

エアコンなしの場合やエアコンをあまり使いたくない場合は
除湿器がおすすめです。

スポンサーリンク

おうちの中でも狭い部屋に洗濯物を干してその部屋に除湿器と扇風機を
セッティングします。
除湿器には結構な水分がたまり早く乾きます。

うちの場合は洗面所ですが閉め切って除湿器をかけると
一晩で乾きます。

干し方のコツですが両端に長いもの真ん中は短いもの
という具合にアーチ状になるように干すと空気の流れがよくなり早く乾きます。

洗濯ものと洗濯ものの間をあけてなるべく空気にさらす。

生乾きの臭い対策は?

先ほども述べましたが酸素系漂白剤を使うのも予防になります。

臭ってしまったものは酸素系漂白剤の粉末タイプを40度くらいのお湯に
溶かしてつけおきします。洗剤の説明書通りの分量を守ってください。
出来れば1時間くらい。最低でも30分はつけおきしてください。
生地によっては30度というのもありますのでそういうものは30度でつけおきしてください。

つけおきしたらつけおきしたお湯を捨て普通に洗濯します。

漂白剤のつけおきは生地を傷めることがありますので気を付けて下さい。

これでスッキリと臭い対策ができると思います。

まとめ

洗濯物をついつい溜めてしまいがちですがなるべくこまめに洗濯を心掛け
洗濯の際にひと手間加えてみましょう。

梅雨の時期でも少しは快適になるかもしれませんよ。

スポンサーリンク