犬にマイクロチップを入れるのは義務?費用や入れ方は?

最近、愛犬にマイクロチップを入れましょうと言われたりポスターなどで見かけたりすることが
多いのではないでしょうか?

うちの子にも入れたほうがいいのかな?とか思っていませんか?

筆者もトイプードルを飼っていますがマイクロチップは入れています。
なぜ入れたかというと元々マイクロチップ入れたほうがいいかな?って考えているときに
動物愛護フェスティバルで1000円くらいで入れますよ。って。

マイクロチップの説明や実際にワンちゃんにこういう風に入れます。って
実演していたからなんです。

マイクロチップに関しては賛否意見が分かれているようですが、
私は愛犬が迷子になったらちゃんと帰ってきてもらいたいし
捨て犬や殺処分が減ってほしいと心から願っているので
マイクロチップには賛成です。

スポンサーリンク
  

犬にマイクロチップを入れるのは義務?

マイクロチップは迷子になったり盗難、事故、災害などの時飼い主と
離ればなれになってしまった時など誰が所有しているか明らかにするためです。

海外から日本に犬や猫を持ち込む際はマイクロチップが必要になります。
また日本から海外に持ち込む際にもマイクロチップが必要になる国もあります。

迷子等だけでなく無責任に飼育放棄するのを防止する効果もあるようです。

犬にマイクロチップを入れるのは義務ではありません。
ただペットショップで購入する際にマイクロチップを入れないと
買えないというところもあるようです。

要するにこの犬は私の犬ですよと証明するものです。

犬にマイクロチップを入れる費用は?

マイクロチップは埋め込むときにかかる費用と登録料がかかります。

マイクロチップを埋め込む費用は地域によっても違いますが
数千円~1万円が一般的のようです。

スポンサーリンク

マイクロチップの埋め込みが終わったら
AIPO(動物ID普及推進協議会)に情報の登録をしなくてはいけません。

情報の登録費は1000円程度です。

情報の登録は書類に必要事項を記入し銀行振り込み等で支払いします。

後日ID番号等の書類が届きますので大切に保管しましょう。

自治体でも数百円でできるところもあるようなので
ご自分のお住いの地域で安くできる制度がないか確認してみるといいと思います。

また動物愛護フェスティバルなどでも安くできる場合があるので
チェックしてみるといいと思います。

犬にマイクロチップ入れ方は?

マイクロチップは直径2㎜ 長さ8~12㎜のカプセルのような形をしたものです。
このマイクロチップを首の後ろに注射器のようなもので注入します。

普通の注射よりもすこし太い感じのものです。
注射嫌いの私はかなり緊張しました(汗)

痛みは普通の注射程度と言われています。

うちのわんこが受けたときも予防接種したときのような反応でした。

犬の場合生後2週間頃から入れられます。

マイクロチップを入れるときは獣医さんに相談してから入れるようにしてください。

まとめ

うちのわんこはマイクロチップを入れて5年くらいになりますが
迷子になったこともないので必要になったことがありませんが
万一何かで迷子になってしまった時に見つける可能性が高くなるかな?
と思います。

また首の後ろに入れたマイクロチップですが
首をさわってもどこにあるかわかりません。

そしてなによりマイクロチップを入れたからといって
どこか調子が悪くなるようなこともなかったです。

私にとっては一種の保険のようなものだと思っています。

スポンサーリンク