ゴールデンハムスターの種類や飼い方寿命の平均

突然ですがハムスターってかわいいですよね。

我が家にも昨日ゴールデンハムスターがやってきました。
3代目のハムスターなのですが生後3ヶ月くらいたっていて
もう立派な大人のハムスター体型です。

いつもオスを飼育していましたが今回はメスなので
おしりがとてもかわいいです。

いわゆるハムケツですね。

スポンサーリンク
  

ゴールデンハムスターの種類

ゴールデンハムスターにも毛色などによって
呼ばれ方があります。

だいたいペットショップなどでよく見かけるのは
ゴールデンハムスター(ノーマル)、キンクマ、クロクマ
などです。

ゴールデンハムスターというと背中の方が茶色で
お腹の方が白いです。

アプリコットのハムスターがキンクマ

黒いのがクロクマと言われています。

これらは全部ゴールデンハムスターで
毛の色が違うことから呼ばれ方が違います。

ゴールデンハムスターの飼い方

ゴールデンハムスターを飼うにあたり
必要なものから紹介したいと思います。

・ケージ
ペットショップで売られているハムスター用のケージは
小さいものが多く、ゴールデンハムスターはハムスターの中でも
大きいのでケージを選ぶときは大きいものを選ぶようにしましょう。

分らない場合はペットショップの店員さんに相談すると
適切なものを選んでくれます。

・給水器
お水を与える時には給水器で与えるようにします。

スポンサーリンク

・回し車
ハムスターはよく走ります。ストレス解消の為にも回し車は必要です。
ハムスターは夜行性ですので夜に走り回りますので
回し車は消音設計の物を選ぶといいと思います。
そしてここでもゴールデンハムスターの大きさがありますので
大きいものをえらんでください。

我が家ではケージについていた回し車を使っていたら
成長して回し車からはみ出して使えなくなったことがあります。
もちろん大きいものに変えましたけど・・・

・エサ入れ
ご飯を入れるものがあった方がいいです。

・床材
ハムスターは自分で寝床を作りますので床材と
新聞紙を裂いて置いてあげましょう。

・トイレと砂
ハムスターは自分でトイレを決めて決めたところにするようになります。
市販のものはゴールデンハムスターには小さいので我が家では
適当な大きさのタッパーに砂を入れてをトイレにしています。

準備としてはこれくらいあれば十分です。

ペットショップでは色々なグッズがありますので
お好みで増やしていけばいいと思います。

ゴールデンハムスターのケージのレイアウト参考のなれば幸いです。

ハムスターのエサはペレットがおすすめです。
ペレットのみで十分な栄養補給ができます。

ヒマワリの種は脂肪分が多いため肥満に注意が必要です。
1日に1.2粒程度にしましょう。

キャベツ、人参、ブロッコリー、カボチャ、煮干しなど
与えるのもおすすめです。

ケージのお掃除
ハムスターはきれい好きなのでお掃除は毎日行います。

ゴールデンハムスターの寿命

ゴールデンハムスターの寿命は2.3年です。
5年生きたという話も聞きますが
人間にたとえると100歳以上ということに
なりますので難しいかと思います。

我が家の歴代のハムスターたちも2年くらいで
お迎えが来ました。

寿命を延ばすには食事、ストレス、運動が大事だと
言われています。

食事は栄養のバランスのいいペレットを中心に
野菜類などバランスよく与えます。

ストレスはかまいすぎるとストレスに感じることがあるようなので
適度なスキンシップを取るようにしましょう。

運動は回し車で走ります。
運動は免疫力をあげますので回し車は必ず設置してください。

まとめ

ゴールデンハムスターは見た目もかわいいし
性格も穏やかでほとんど攻撃性はありません。

面白い行動をみせてくれたり見ていても
飽きることがありません。

初心者でも飼いやすいと思います。
だからこそきちんと環境を整え
ハムスターと楽しい生活を送りましょう。

こんな記事も読まれています

ゴールデンハムスターのケージの大きさレイアウトや置き場所の紹介

ハムスターは何で登りたがる?うんていは落下の危険対策は?

スポンサーリンク