犬の夏バテの症状は?食事で気を付けることは?や対策はあるの?

夏の暑さが続くと夏バテを起こしてしまうことありますよね。
犬にも夏バテがあるようです。

ちょっと様子がおかしければ病院に連れて行くことが
大事ですがどんな症状なのかわかれば
病院に連れて行くにしても安心できますね。

スポンサーリンク
  

犬の夏バテの症状

犬の夏バテの症状は人間と同じような感じで
いつもより元気がないとか、いつもより食欲がないなど
いつもと比べてどうか?
というところを見てあげてください。

・元気がない
・食欲がない ぐったりしている
・下痢 軟便
・嘔吐
・体が熱い

などの症状があれば夏バテの可能性があります。

食欲はわかりやすいと思いますし
犬の元気のバロメーターと言っても過言ではないので
いつもよりご飯を食べなくなったら要注意です。

食欲がなく元気がない場合は病院に連れて行ったほうがいいでしょう。

犬の夏バテしたら食事はどうする?

夏バテで一番気を付けたいのは水分不足です。

いつでも飲める新鮮な水はもちろんですが
普段の食事で水分をとれるように工夫したり
おやつに水分の摂れるものを与えてるという方法もあります。

食事で水分をとれるようにするには
カリカリのドッグフードの場合
ドッグフードをふやかして与えると食事と一緒に
水分を摂ることができます。

スポンサーリンク

また食欲がなくカリカリのフードの食いつきも悪いときは
ささみを茹でたものをゆで汁ごとカリカリのフードに
かけて与えると食べる場合があります。

おやつには水分の多いキュウリ、トマト、など与えます。
キャベツは胃腸を活発にする働きがありますので
おやつでも食事にトッピングしてもいいと思います。

梨やリンゴ、スイカなど与えると喜んで食べますが
与えすぎは体重増加の原因になりますので注意が必要です。

犬の夏バテ対策

犬は意外と暑さに弱い動物です。
普段の生活から気を付けてあげることが大切です。

おうちではなるべく風通しのいい環境を作ります。
エアコンがある家庭では過ごしやすい温度に設定してあげましょう。

いつでも新鮮な水が飲めるようにしておきましょう。

普段の食事からも水分がとれるように工夫してあげてください。

散歩も日中の暑い時間を避け早朝や夜の涼しいときに行くようにしましょう。
もしワンちゃんが行きたくないようでしたら無理に行かなくてもいいと思います。

まとめ

夏の暑い時期は人間もツラいですが犬もツラいのです。
犬はしゃべれないので注意深く見守ってあげましょう。

少しでも異変があればその都度対処するようにして
必要があれば病院に行きましょう。

スポンサーリンク