土用の丑の日は鰻の蒲焼スーパーの鰻の選び方美味しい食べ方の紹介

2018年の土用の丑の日は7月20日です。

みなさんはうなぎを食べますか?
うなぎはどこで買いますか?

私はできれば専門店で食べたいですが
そんな贅沢のできる身分ではないので
スーパーのうなぎです!

スーパーのうなぎもちょっと手を加えるだけで
美味しく食べることができますよ。

スポンサーリンク
  

土用の丑の日はうなぎ蒲焼

土用の丑の日といえば「うなぎ」ですよね。
私は子供のころはうなぎが大っ嫌いでした。

しかし大人になりうなぎ専門店のうなぎを
食べなくてはいけない状況になり
しぶしぶ食べてみたらびっくりするくらい
美味しくて今まで食べていたうなぎは何なんだろう?
と思ったものです。

そんな今では大好物のうなぎですが
なぜ土用の丑の日に食べる風習になったのでしょうか?

諸説ありますが土用の丑の日に「う」のつくもの
を食べると夏負けしないという言われがあります。

また最も有力な説が江戸時代に発明家の平賀源内という人が
広めたという説があります。

鰻屋が鰻が夏に売れないことを平賀源内に相談したところ
「今日は丑の日」と紙に書き店にはり出しなさい。
とアドバイスしお店はみごとに繁盛したことから
他のうなぎ屋も真似するようになったといわれています。

実際のところうなぎの旬は秋から冬なんだそうで
夏は旬ではないようです。

しかしながらうなぎはビタミンAやB群が豊富で
夏バテ予防にはもってこいの食べ物なんです。

スーパーのうなぎの選び方

スーパーでは主に中国産、台湾産 国産のものが売られています。

・中国産

一番安く手に入るのが中国産です。
中国産は色々問題があり敬遠される方も多いですね。

中国産のうなぎは国産に比べると身が厚く脂ののりがいい
と言われています。

スポンサーリンク

安全性の面ではだいぶ改善されたようですが
心配な方は避けた方がいいかもしれません。
ただ値段の面で比べると国産の約半分の値段で
購入できるのは悩ましいところかもしれません。

・台湾産

台湾のうなぎは生産や管理体制が
日本並みにしっかりしていますので
食の安全の面では信頼できます。

台湾産のうなぎは中国産のうなぎと食感、
味はほとんど変わりありません。

・国産

国産のうなぎはなんといっても高値ですね。
中国産の倍くらい高いですが国産ということで
人気がありますね。

国産のうなぎの特徴は身がしっかりしていて
あっさりしています。

やわらかいうなぎは身が全体的に開き表面がざらざらした
感じがあり端の薄皮まで伸びているのはしっかりと
中まで火か通っています。

反対に硬いうなぎは身がしまっていて表面がつるつるした
感じがあり身が盛り上がっているように見えます。
硬いうなぎは焼いた時に皮がくるっと巻いてしまいます。
そのため盛り上がって見えます。

スーパーのウナギの美味しい食べ方

スーパーのうなぎはひと手間かけると
美味しく食べることができます。

買ってきたうなぎは1度水で洗います。
たれと焦げ目をしっかり洗い流すつもりで洗って下さい。

洗ったうなぎはキッチンペーパーでしっかりと
水気をふきとりフライパンへ。
皮目を下にしましょう。

大さじ1杯程度の酒を振りかけて3分~5分蒸し焼きにします。

市販のたれや自作の秘伝のたれなどかけて完成です。

参考までに私が作るうなぎのたれを紹介します。

醤油  大さじ2
みりん 大さじ2
酒   小さじ2
砂糖  大さじ1

分量を鍋に入れて酒のアルコールが飛ぶように
沸騰したら出来上がりです。

お好みで甘さを変えてください。

まとめ

いかがでしたか?

スーパーのうなぎもちょっとしたひと手間で
美味しくいただけます。

土用の丑の日は夏の暑さに負けないように
美味しいうなぎを堪能してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク