植物油の種類やオメガやリノール酸、オレイン酸について

植物油は毎日使いますよね。

そこで植物油の種類など気になることを知らべてみました。

スポンサーリンク
  

植物油の種類

亜麻仁油:亜麻の種子を絞った油 
エゴマ油:シソ科のえごまが原料の油 
オリーブオイル:オリーブの果実を絞ったもの
グレープシード:白ワインの副産物として生まれた
コーン油:トウモロコシの胚芽が原料
ココナッツオイル:ココヤシの実が原料
ゴマ油:ゴマが原料
こめ油:米を精製するときに出る米ぬかが原料

一般的に多く使われるサラダ油は
2種類以上のの植物油を混同してつくられたものです。

他に大豆油、なたね油、パーム油、ひまわり油、べに花油など
実に様々な油があります。

植物油のオメガについて

植物油というとオメガって耳にしますよね?
オメガとは何なのでしょう?

健康の維持に欠かせない油のことで
オメガ3、オメガ6、オメガ9があります。

オメガ3はえごま油、亜麻仁油に多く含まれています。
また青魚なんかにも多く含まれいます。
えごま油や亜麻仁油は熱に弱いためサラダのドレッシング等
で摂取します。

1日に小さじ1杯程度摂取するとよいと言われています。

スポンサーリンク

オメガ6はサラダ油、ゴマ油、コーン油グレープシードオイルに多く含まれています。
オメガ6は多くの食品に含まれているため現代人は過剰摂取気味になっています。
減らすなるべく減らした方がいいと言われています。

オメガ9はオリーブオイル、米油などに多く含まれています。
オメガ9については摂取してもしなくてもよい油と言われています。

植物油のリノール酸とオレイン酸について

〈リノール酸〉

リノール酸は植物油の成分で
子供の発育に欠かせない成分です。

血中のコレステロールをさげたり体の組織が正常に機能する
働きがあると言われています。
体内で作ることはできないので食品から摂るしかありません。

グレープシードオイルやコーン油に多く含まれます。

〈オレイン酸〉

オレイン酸は悪玉コレステロールを下げる働きがあり
善玉コレステロールは減らさずに悪玉コレステロールのみ
減らし動脈硬化防止に役立ってくれます。

べに花油、オリーブオイル、なたね油などに多く含まれます。

まとめ

普段調理に使う油でしたが油にもたくさんの種類があり
それぞれに体への影響が変わっってくることがわかりました。

油も使い分けで健康に過ごしたいものですね。

スポンサーリンク