業務スーパーの牛すじは臭い?下処理や牛すじ煮込みレシピを紹介します

業務スーパーの牛すじは臭いのか?と気になって買うのをためらっている方も多いかもしれませんね。
この業務スーパーの牛すじは何とコスパ最高の優等生だったので紹介してみたいと思います。

私も最初は買うのを躊躇っていました。牛肉の臭いがあまり得意ではないから。
少しくらいないいですがけっこう臭いお肉ありますよね?
今回は牛すじ煮込みが食べたいので購入してみようと思いました。

業務スーパー牛すじ

内容量 1kg

産地 オーストラリア

価格 861円

牛すじありながら赤身もけっこう付いています。

こんな感じで赤身が多いのがわかります。

冷凍になっているため袋を開けた瞬間臭いということはありません。

普通に近所のスーパーで牛すじを購入しようとするとグラム200円近くします。(捨てるところなのに高い!)

業務スーパー牛すじはグラム86円とコスパ最高ですね。

牛すじの下処理

私は牛すじ煮込みなど作る前に下処理をします。

この下処理によって臭みがかなり取れるので臭いが気になる方は参考にしてみてください。

牛すじ肉は凍ったまま圧力鍋に入れて酒をふりかけ、水がひたひたになるくらい入れます。
生姜のスライス1カケ、ネギの青いところ、あればニンジンの皮、大根の皮などくず野菜を入れて20分くらい圧力をかけます。

スポンサーリンク

20分経ったら牛すじをざるにあげ水洗いします。

これで下処理は完了です。

牛すじを使ったレシピの紹介

牛すじといえば何を思い出しますか?

私は牛すじ煮込みや大阪のどて焼きなどが真っ先に思い浮かびます。

そこで簡単牛すじ煮込みを紹介します。

材料

牛すじ肉 200g
大根  半分くらい
こんにゃく 1枚
生姜  一かけ

・砂糖 大さじ3
・みそ  大さじ2
・しょうゆ 大さじ2
・みりん 大さじ3
・酒 大さじ3
・ほんだし 大さじ1
・水  300cc

1.牛すじ肉は上記の要領で下処理をしておきます。

2.大根は皮をむき食べやすい大きさで乱切りし、こんにゃくは一口大の大きさで手やスプーンで千切ります。ショウガは薄切りに

3.大根は電子レンジで500wから600wで3分くらい。(柔らかくなるくらい)かたいようなら1分づつ様子を見てください。こんにゃくがかぶるくらいの水を鍋に入れ火にかけ、沸騰したら1分待ちざるにあげる。

4.圧力鍋に1と3、調味料、生姜を入れて30分圧力をかけます。

これで完成です。

お好みで生卵やネギ、七味唐辛子などお好みでトッピングしていただきます。

下処理をすることで牛肉特有の臭みもだいぶ軽減されます。

まとめ

実際に使ってみるまでは安さのせいか臭いのではないかと心配しましたが、臭特に普通にスーパーに売っているような牛肉とそんなに変わらないと感じました。

今回作った牛すじ煮込みも柔らかく、大根やこんにゃくにも味が染みて美味しくできました。

牛すじ肉といっても赤身も多くついているので料理の幅は広がりますね。

次は何を作ろうかな?

スポンサーリンク