サラダはどんな種類があるの?手軽な作り方も紹介します!

一人暮らしをするとどうしても不足がちなのが野菜ですね。

最近はコンビニに行けば何種類ものサラダが並んでいてドレッシングも選べるようになっています。

野菜不足を補うにはいいですね。

でもサラダは、手間はかからず誰でも手軽に作れるので、自宅で作ればたくさん食べられて、経済的です。

さらにドレッシングの塩加減を減らせば減塩している人も安心して食べられますね。

ここで、基本的なサラダの種類と手軽な作り方をご紹介しましょう。

サラダの種類は?

サラダは生あるいは加熱した野菜や果物にドレッシングやマヨネーズ、たれやソースをかけて食べる料理なので、好みの野菜を好きな方法で食べればよいのですが、代表的なサラダは次のようなものがあります。

コールスローサラダ

細かく切ったキャベツをマヨネーズやドレッシングで和えたサラダ

グリーンサラダ

レタス、キャベツ、玉ねぎ、ブロッコリー、コマツナ、ピーマン、トマト、ニンジンなどの野菜を使ったサラダ

ポテトサラダ

ジャガイモ、ニンジン、などの野菜を茹でて、マヨネーズやレッシングで和えたサラダ。

温野菜サラダ

茹でる、蒸すなどで加熱した野菜を、たれやソース、ドレッシングなどをかけて食べるサラダ。寒い時期に向いています。

シーザーサラダ

レタスの上に、ニンニク、塩、胡椒、レモン汁、オリーブオイルで作ったドレッシングを科で、パルメザンチーズとクルトンをトッピングして食べる。グリルした鶏肉、エビ、ステーキ、サーモンなどをのせることもある。

パスタサラダ

1~2種類のパスタを酢と油、マヨネーズベースのドレッシングで味付けしたサラダ。

フルーツサラダ

果汁やシロップにいろいろな果物を入れたサラダ。フルーツカクテルとも言われます。

手軽な作り方

ちょっと手のかかりそうな、ポテトサラダ、温野菜サラダそれに人気のシーザーサラダの作り方をご紹介しましょう。

ポテトサラダ

材料2人分
ジャガイモ、中2個
玉ねぎ 1/4個
キュウリ 1/4本
ニンジン 1/4本
ハム 2枚
マヨネーズ 大5
塩 少々
コショウ 少々

スポンサーリンク

作り方
ジャガイモを皮ごと茹でて、皮をむいて木べらでつぶす。(皮つきでゆでる方が、うま味が流れずに美味しい、時間がない時は皮をむいて小さく切って茹でても良い)
玉ねぎを薄切りにして、水にさらすか、電子レンジで2分ぐらい加熱してからみを取る。
ニンジンはいちょう切りにして電子レンジで約2分加熱、または軽く茹でる。
キュウリを輪切りにして生のまま、あるいは塩もみして水を切る。
ハムを短冊切りにする
粗熱の取れたジャガイモ、玉ねぎ、ニンジン、キュウリにマヨネーズを加えて全体を混ぜる。塩、胡椒で味を調える。

温野菜サラダ

フライパン一つで作れる手軽なサラダです。
材料2人分
カボチャ 70g
ニンジン1/2本
ブロッコリー 1/2
エリンギ 1/2
水 50㏄
塩、コショウ、ポン酢など

作り方
カボチャは種とワタを取り3~4㎝の角切り、ニンジンは3~4㎝のぶつ切り、ブロッコリーは小房に分け、茎も固いところを取り、小さく切る、エリンギは縦半分に切り長さを半分に切る
フライパンに野菜を並べ、水を入れて、ふたをして中火にかける。
沸騰したら、弱火にして、10分~15分蒸し煮にする。水が残っているときは、蓋を取り強火にして水を飛ばす。
お皿によそって、塩、コショウ、ポン酢などをかけて食べる。しょう油味の和風ドレッシングにも合います。

シーザーサラダ

ドレッシングの作り方
マヨネーズ 大3
粉チーズ 大1
オリーブオイル 大1
酢またはレモン汁 大1弱
以上を混ぜ合わせれば出来上がりです。

サラダ(2人分)作り方
レタス 4枚
食パン8枚切り 1/2枚
粉チーズ 少々
コショウ 少々

レタスを食べやすい大きさにちぎり、水洗いしてキッチンペーパーで水分をふき取る
食パンを1㎝角切りにしてトースターでカリカリになるまで焼く
お皿にレタスとクルトンを盛り、ドレッシングをかけ、好みで粉チーズとコショウをかけて仕上げます。

好みで、茹で卵、トマト、焼きベーコン、アボガド、キュウリ、などをのせて食べるとさらに美味しくなります。

生野菜を洗って切っただけで、ドレッシングをかけて食べるのもいいですが、一手間加えてドレッシングを手作りし、野菜を加熱してマヨネーズや、ポン酢で食べるのもいいですね。いろいろなサラダを作れば、野菜をより美味しく食べられて健康にいいのでぜひお試しください。

まとめ

サラダにはコールスロー、グリーン、ポテト、温野菜、パスタ、フルーツ、シーザーサラダなどたくさんの種類がありますが、どれもそれほど手を掛けなくても作れるので、いろいろなサラダに挑戦してください。

美味しいサラダを食べて健康維持を目指しましょう。

スポンサーリンク