グランピングとは?グランピングの良さや楽しみ方

子どもたちが小さかった時には、夏には河原や湖などへ出かけて、バーベキューを楽しみました。

都会を離れて自然に囲まれた水辺で食べるバーベキューはとても楽しいものでした。でも準備は大変でした、バーベキューセットを用意し、肉や野菜を買い整え、クーラーボックスに入れて車に積んで出発するだけでも大変ですが、時には暑すぎて野菜が傷んでしまったこともありました。

バーベキューの最中に燃料が足りなくなるとか、肉を多く買い過ぎて食べきれずに捨てることもありました。

帰ってきてからバーベキューセットを洗ってしまうと大人はもうくたくたでした。

最近、自然の中で上等な宿泊施設に泊まり、キャンプやバーベキューも楽しめる新しいレジャーが開発されたことをご存知ですか?

着替えぐらいを持って行けば後はすべてホテルで準備してくれるので、手軽にアウトドアを楽しめて人気があります。

この新しいタイプのレジャー「グランピング」についてご説明しましょう。

グランピングとは

グランピングとはグラマラス(魅力的)とキャンピングを掛け合わせた造語で、ホテル並みの施設やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのことです。

歴史的にはヨーロッパの貴族の狩猟が起源とも言われています。

1700年代にイギリスの探探検家がアフリカに狩猟のために出向くようになり、後に観光用にロッジが作れるようになりました。

2000年代にはすでにラグジュアリーキャンプと言われる豪華なサファリロッジが作られ、現在のグランピングの源流になっているようです。

2005年にはロンドン郊外に250を超えるグランピングスポットができて、田園や農村地帯で小屋や馬車型トレーラー、ゲルと言われるテントなどに宿泊して、自然を楽しみながら休暇を過ごしています。

日本では2010年ごろから海外のグランピングの情報が伝わり始め、2015年に大手リゾートホテルチェーンがグランピングの名を付けた施設を開業し本格的にグランピングがブームとなりました。

スポンサーリンク

バリエーションは多彩で、テント泊あり、立派なコンクリートの宿泊施設ありですが、バーベキューの準備や宿泊の心配をしないで自然との触れあいを楽しめることは確かなようです。

グランピングするなら

グランピングは比較的新しいレジャーですが、すでに全国各地にかなりの数のグランピング施設ができています。

それぞれに特色があるので好みに合わせて選ぶことができます。

グランピングの一例をご紹介しましょう。

伊勢志摩エバーグレイスなら1泊2食付き2名で32300円です。
1日目は午後にチェックイン。

その後場内を散歩、カヌー体験やバードウオッチングを楽しめます。

夕食はグラマラスバーベキューと呼ばれるバーベキューセットが届くので、自分たちのお好みでバーベキューを楽しみます。

夕食後は場内のイベントに参加することができます。ビンゴやクラフト教室もあります。星空探索もいいですね。
夜はデッキ上の見晴らしの良いお風呂で優雅なバスタイムを楽しむことができます。

外遊びの後の疲れた体で天蓋付きの豪華のベッドに入れば速やかに眠りに付けそうです。

翌日はアメリカンサンドイッチのルームサービスがあるので外を眺めながらゆったりと食事ができます。

食後は伊勢志摩の文化・歴史体験へ出かけることもできます。

眺望の良い展望台や水族館など見どころはたっぷりあります。

伊勢志摩の美味しい昼食を試すのもいいですね。

自然散策ができ、豪華な宿泊をすることができる上にバーベキューの準備やテントの用意もいらないので、ごく気軽に出かけられるのがなにより嬉しいですね。

まとめ

グランピングは豪華な宿泊施設に泊まりながらも自然探索やバーベキューを楽しめる新しいタイプのレジャーです。

テントやバーベキューの準備はすべて整っているので、気軽に出かけられ、忙しい現代人にはぴったりですね。

今年の夏は家族でグランピングも悪くないですね。

スポンサーリンク