夏は冷やし中華!歴史と美味しいレシピ

以前ある福祉施設の食事作りのお手伝いをしていたことがありますが、ある職員さんは冷やし中華が得意で、夏になるとこの人が食事当番の日は、メンバーたちは、「今日は、冷やし中華かな?」と期待し、楽しみにしていたようです。夏の暑い日にはよく冷えた冷やし中華は美味しくて、食欲のない人もすっと食べられるのでいいですよね。
7月に入って「冷やし中華あります」というのぼりを見ると食欲をそそられます。
さてこの冷やし中華ですが、何となく中国料理というより日本人好みのアレンジのような気がするのですが、ルーツをたどってみました。また美味しい現代風のアレンジもご紹介しましょう。

冷やし中華の歴史

冷やし中華は中華麺を使った料理で、野菜やシャーシュー、ハム、錦糸卵などの具材を麺にのせて、冷たい汁をかけて食べます。日本では昭和の初期から知られています。
中国に冷やし麺にルーツがあるとされますが、味も作り方も異なるので日本で作られた料理のようです。

日本で冷やし中華を始めた発祥の地と言われるところは二つあって、東京都千代田区神田神保町の「揚子江采館」と仙台市青葉区錦町の「龍亭」です。
最初の冷やし中華はこんなふうだったようです。

揚子江采館の五色涼拌麺

1933年に二代目店主の周子儀が上海で食べられていたもやしと細切り肉を冷やし麺にのせて食べる涼拌麺とざるそばからヒントを得て、いくつかの細切りの具を皿の中心から放射状に盛る形は富士山とそこにつもる雪をイメージして作ったのだそうです。

龍亭の涼拌麺

1937年に冷やし中華、冷麺が発売されました。中華料理店の会合で、夏の売り上げが落ちるのを心配した組合員が、多くの観光客がやってくる仙台七夕に売れる目玉商品の開発を話し合い、当時の組合長だった龍亭店主が中心になって新メニューの開発を行いました。
その時にざるそばをもとに新たに作られたのが冷やし中華の原型です。これは現代風の冷やし中華と少し違い、湯がいたキャベツ、塩もみきゅうり、スライスした人参、チャーシュー、トマトを乗せたものでした。多少の改良が加えられながらも、現在も龍亭は冷やし中華を看板メニューにしていて、年間を通して提供されているそうです。

スポンサーリンク

やっぱり冷やし中華のルーツは日本の国内だったようですね。

冷やし中華の美味しいレシピ

冷やし中華のメニューはたくさんありますが、たれから自分で作るものと、市販のたれを利用するもの、また具材の変化をご紹介します。

たれも作る冷やし中華(2人分)

たれを作る
しょう油 50㏄
酢 60㏄
水 70㏄
砂糖 20g
塩 1つまみ
味の素 少々
ごま油 小さじ1
以上の材料を鍋に入れて煮立たせて砂糖が解けたら火を消し、冷やす

中華麺 2玉 たっぷりのお湯で2~3分ゆでて、水で洗う
卵 2個 塩一つまみを入れて薄焼きにして千切りにする
トマト 1/2 千切り
きゅうり1/3 千切り
チャーシュー 2枚 千切り

皿に中華麺を盛り、その上に野菜、卵、チャーシューを乗せ、たれをかけて完成です。

市販のたれを使う例
材料(2人分)
中華麺 2玉
たれ 2人分
マヨネーズ 好みで少々
練りからし 好みで少々
きゅうり 1/2 千切り
トマト 1/2 薄切り
人参 1/3 千切りにしてさっと茹でる
薄焼き卵 2個分 千切り
ハム 4枚 千切り

中華麺を茹でて、冷水に取って冷やす
皿に中華麺を盛って、具材を放射状に並べて盛る
たれをかけ、好みでマヨネーズや辛子を添えて食べる

アレンジ方法

定番のチャーシュー、ハム、トマト、キュウリ、卵以外にも具材になるものがあります。

茹で鶏
白髪ねぎ
豆板醤を混ぜた納豆
大葉と梅干
カニ蒲鉾
なると
など、自宅にあるものを自由にのせてアレンジしてもいいようですね。

まとめ

冷やし中華は夏に食べたい手軽なお料理ですね。
ルーツは日本の神田の揚子江采館と仙台の龍亭と言われています。
自宅でもたれから、あるいは市販のたれを使っていろいろなアレンジができそうです。
今年の夏もぜひ冷やし中華を食べたいものですね。

スポンサーリンク