7月25日は味の素の日です。味の素の旨味って何でしょう?

料理のうま味と言うと、塩味でもなく、甘みでもなく、まして苦みでもない美味しいだしの味を思い浮かべますね。このうま味というものは西洋の人には馴染みがなくて、ちょっと説明できないので、英語でもumami(うまみ)と日本語をそのまま使っています。

さてこのうま味ですが、天然だしの旨味を人工的に作り出したのが味の素です。
7月25日は「味の素の日」ですが、この日の由来と味の素のうま味についてご説明しましょう。

味の素の日とは

7月25日は「味の素の日」です。

東京帝国大学の教授だった池田菊苗博士が昆布の美味しさに気付き、これを人工的に作れないかという研究を始めました。
1908年4月24日に、昆布だしに美味しさの正体がグルタミン酸であることを発見し、これを「うま味」と名付けました。
1908年7月25日にはこのうま味調味料の製造法の特許を取得しました。
「味の素」と言う名前で売り出されたのは1909年のことです。

うま味を発見した池田菊苗博士は「日本の十大発明家」の一人に選ばれたそうです。
日本の食生活を豊かにするための博士の貢献は大きかったわけですね。

後にこの調味料の特許取得の日の7月25日が「味の素の日」となったわけです。

この日は、多くの人にうま味調味料の理解をしていただきたいという主旨で、「うま味調味料の日」とも言われています。

味の素のうま味とは

うま味とは基本味の一つです。味の基本となるのは甘未(かんみ)、酸味(さんみ)、塩味(塩味)、苦味(にがみ)、うま味(うまみ)の五つです。
西洋ではうま味は基本味として認められていませんでしたが、2000年にアメリカでうま味として認められるようになりました。
それで英語でも、umami(うまみ)と言う言葉が使われているのですね。

味の素を開発した池田菊苗博士は昆布だしの美味しさであるグルタミン酸を調味料にするために、ナトリウムを加えて濃縮することを思いつき、グルタミン酸ナトリウムを作る方法を発明し味の素を製造することに成功しました。
そして、現在は世界中170か国で愛用される調味料となっています。

スポンサーリンク

味の素は手軽に手に入り誰でも使える調味料ですが、さらに美味しい使い方をご紹介しましょう。

みそ汁や煮物に加える

みそ汁やスープなどの汁ものや煮物に、加えると、だし感が強まりより美味しく仕上がります。

炒め物に加える

チャーハンや野菜炒めの仕上げに加えるとコクが加わり、深みのある味になります。

漬物やおひたしに加える

食べる直前にかけるとうま味が効いて、味に深みが出ます。冷ややっこや納豆にもいいですね。

お肉やお魚の解凍に振りかける

解凍するときに振りかけると、解凍時に失われるうま味を取り戻すことができます。

酢をまろやかにする

味の素には味を調和させる働きがあるので、自家製ドレッシングやたれに入れると味がまとまり、また酢の物に加えると口当たりがよくなります。

料理の下味付けに

ハンバーグや唐揚げ、餃子の具などの下味に加えると、味に深みがでます。

うま味成分のグルタミン酸は食べ物を美味しくするだけではなく、疲労回復や脳の活性化、免疫力を高める効果もありますが、大腸がんの予防にも効果があるそうです。
グルタミン酸を多く摂っている人は大腸がんの発症リスクが低いことが分かり、グルタミン酸が栄養素の効果と腸の消化を調節し健康な生活を維持するうえで重要であることが分かったわけです。
美味しく食べて、健康になれるならば本当にいいですね。

まとめ

7月25日は「味の素の日」です。うま味成分を研究した池田菊苗博士がグルタミン酸ナトリウムをうま味調味料として製造する特許を取得したことを記念して制定されました。

うま味とは、味の基本味の5つに数えられていますが、元は日本独自のだし味が基本になっています。この便利な調味料を日々の生活に生かして使いたいものですね。

スポンサーリンク