七夕の短冊の由来を知って、今風の楽しみ方を探りましょう

APSさんによる写真ACからの写真

私は子どものころ田舎暮らしをしていたので、家の周りには大きな竹林がありました。
七夕の日には、大きな竹を切ってきて、大人も子どもも折り紙を切って飾りつけをして、短冊には、「成績が良くなるように」などと願い事を書いて吊るしたものです。
でも最近この短冊、元はなんでも好きに自分のお願い事を書くのではなかったことに気付きました。

そこで、七夕や短冊の由来と意味を探り、今風の楽しみ方を考えてみました。

七夕の由来

七夕と言えば、天の川で隔てられた織姫と彦星が1年に1回だけ会うことができるというロマンティックな物語を思い浮かべますね。

ところが、古くから伝わる七夕は日本の年中行事の「棚機(たなばた)」と中国から伝わった「乞巧奠(きこうでん)」に由来しているのだそうです。

日本の「棚機」は古代の禊(みそぎ)の行事で、毎年稲の開花時期に村の乙女が着物を織って棚に備え、豊作を祈願し村の人々の穢れを清めたのです。この着物を織るために使われたのが棚機という織り機でした。

中国の「乞巧奠」は織姫にあやかり、機織りや裁縫の上達を祈る行事です。7月7日に庭先の祭壇に針や五色の糸を供え、星に願いを捧げました。後に機織りや手芸だけではなく、書道などの手習い事の上達を願う行事となったのだそうです。

乞巧奠が奈良時代に日本に伝えられ、棚機と一緒になって七夕(しちせき)と呼ばれる宮中行事になりました。七夕(しちせき)は織姫と彦星の再会と詩歌や裁縫の上達を願って星に願いをし、五色の糸や金銀の針山や山海の幸を供えました。祭壇の両側には笹が立てられ、五色の糸がかけられました。後に棚機にちなみ七夕(たなばた)と読むようになったのだそうです。

七夕飾りの意味

七夕飾りにはそれぞれ意味がありました。

折り鶴  鶴は長寿をあらわし、長生きできるように願います。

吹き流し 織姫に供えた織り糸を表わし、裁縫の上達を願います。

スポンサーリンク

網飾り  魚を捕る漁網を表わし、大漁を願います。

財布  財布や巾着は金運の上昇を願っています。

神衣、紙衣(かみこ) 紙の人形、または着物で、裁縫の上達と着物に困らないことを願います

くづかご  整理整頓や倹約の心を表わします。

短冊  五色の短冊に願い事を書いて飾ります。元は機織りや裁縫の上達を願う行事なので、手習い事の上達を願うのが良いとされていました。

竹は冬でも葉が落ちず、真っすぐに育つ生命力があるので、昔から不思議な力があると言われています。ですから邪気を払うとも考えられていたので、笹竹を立てるようになったようです。 

五色の短冊の意味

五色の短冊は、始めは五色の糸を飾ったことから転じて、江戸時代に五色の短冊が使われるようになったのだそうです。
青、赤、黄、白、黒(紫)の五色は中国の陰陽五行説に基づいています。
この五色を使うことによって魔除けの意味を持たせたと言われます。
江戸時代には主に文芸の上達に関するお願いごとが書かれていました。

やっぱり自分の好きなお願いだけをするのではなかったのですね。

今風の楽しみ方は?

現在は竹に折り紙で思い思いの飾りを切ったり、折ったりして作りして飾り、「織姫と彦星のように願い事が叶うように」と願って、短冊にお願いごとを書いて吊るすのが一般的ですね。マンション住まいだと竹を飾るのは無理かもしれませんが、幼稚園や保育園、児童館などには竹が用意されていていますから、お子さんたちと一緒に楽しむのがいいのではないでしょうか。

まとめ

七夕の短冊は日本の「棚機」と中国に「乞巧奠」の風習が融合してできた行事です。
やがて笹に飾りや文芸などの上達を願う短冊を下げるようになりました。

現在は笹に思い思いの願いごとを書いて、その実現を期待するお祭りに変わりました。
今年の夏はどんな願い事がされるのでしょうか。楽しみですね。

スポンサーリンク