浴衣の着こなしとコツやマナー

浴衣の歴史を知って上手に着こなそう

夏になると週末の夕方などに、浴衣を着た若い人を見かけるとどこかで花火大会があるのかな、と思いますね。
盆踊りや夏祭りにお子さんたちが可愛らしい浴衣姿で参加しているのを見るのは微笑ましいことです。
和服を着る機会は減りましたが、浴衣は木綿で汗を吸うので着心地は良く、寝巻にもなるのでまだまだ着る機会がありますね。
そこで、浴衣の歴史を知り、上手に着こなすコツとマナーをご説明しましょう。

浴衣の歴史

浴衣の起源は古く、平安時代の「湯帷子(ゆかたびら)」です。
当時の貴族は蒸し風呂に入る習慣がありましたが、その時に水蒸気でやけどをしないため、汗をとるため、裸の体を隠すために着たのが「湯帷子」でした。

安土桃山時代には汗を吸う特徴を生かして、湯上りに着るようになりました。
このころには浴衣は「身ぬぐい」とも呼ばれたそうです。

江戸時代には浴衣は庶民の間にも広まり、湯上り着として定着しました。
次第に単なる湯上り着だけではなく、外出着にも使われるようになり、盆踊りや花見にも着られるようになりました。
これはお祭りなどに浴衣を着る現代風の着方につながるようですね。

明治時代には浴衣は夏の普段着として定着しました。
この時代に大量生産が可能な染色方法が開発されたことが一つの要因です。

第二次世界大戦後は生活のスタイルは洋式化したので和服は減り、普段着に浴衣を着ることはほとんどなくなりました。それでもお祭りや花火大会、盆踊りなどでは浴衣を着た若い人やお子さんの姿を見かけます。
若い人たちにとって浴衣は一種のファッションとなっているようです。
また旅館やホテルの寝間着として浴衣が用意されているところもありますから、まだまだ浴衣の出番はあるようですね。

着こなしのコツとマナー

着方のコツ

普段は着ない浴衣を着るにはいくつか気を付けるポイントがあります。

スポンサーリンク

左右の裾の長さを揃える

浴衣を着たら、背筋を伸ばして、左右の長さが同じになるように整えましょう。

右衣が先で次に左衣

浴衣のあわせは右が下になるように、右が先で次に左が上になるように着ます。たまに洋服を着るように、左が上になっている人を見かけますが、十分に気を付けましょう。

襟元は前後とも少し空ける

ぴったりと襟元を締めてしまうと苦しいだけでなく、だんだん緩んで着崩れの原因になることもあります。前は襟元が少し見えるくらい、後ろはこぶし1個分ぐらいの隙間を空けると首元がすっきりきれいに見えます。

帯は右肩上がり

帯の真ん中をお腹の中心に持ってきて、後ろで交差します。もう一度前に持ってきて

右側の帯が上向きになるようにきゅっと結びます。

リボン結びする

結んだ帯の残った部分をぐっと引っ張り、下向きの帯で輪をつくり右手に持っている帯を上から巻き付けてきれいなリボン結びにします。

浴衣のマナー

現代はおしゃれなお出かけ用にもなっている浴衣ですが。
もとは湯上り着でしたから、浴衣は略装で遊び着でもあるので、冠婚葬祭などのフォーマルなところには着ていかないように気を付けましょう。

旅館やホテルでは部屋着や寝巻用に浴衣を用意していることがありますね。
温泉地などでは浴衣のままで食堂や売店に行く人も多いようですが、ホテルなどでは部屋から出る時は、浴衣はマナー違反になるところもあるので、ご注意ください。

まとめ

浴衣は、最初は蒸し風呂に入るときの湯帷子として使われていました。
後に湯上り着となり次第に普段着としても着るようになりました。
現代は夏のお祭りや花火大会などの時に着るファッションの一つになっています。
浴衣を着る時は裾の左右が同じ長さになり、左衣が上になるように気を付け、帯もきっちりと結んで颯爽と着こなしましょう。
今年の夏は浴衣でお出かけもいいですね。

スポンサーリンク