暑中見舞いのマナー気を付けたいポイントや一工夫の仕方

暑中見舞いはマナーにそって、サラッと書きたい!

最近は手紙やはがきを書くことは減ったように思いますが、それだけに手書きのお便りをいただくのは嬉しいものですね。
年賀状ほどではありませんが、暑い時期にさわやかな絵入りの暑中見舞いをいただくと、なんだか元気が出るような気がします。

ある会社の社長さんは、社員全員にお客様宛に手書きの暑中見舞いを書くように指導し、自らもきれいな自筆のはがきをたくさん出しているそうです。
暑中見舞いは数が少ないだけにお客様の目に留まりやすく、評判も良いそうです。

ビジネスだけではなく、親しい方に暑中見舞いを書く必要がある人でも、うまく書けるか自信が無いという人もいるでしょう。
ここで、暑中見舞いをマナーにそってサラッと書くコツをご紹介しましょう

暑中見舞いを書くときに気を付けたいポイント

暑中見舞いを出す目的と時期

暑中見舞いは夏の暑くて辛い時期に、親しい人の様子を気遣って書く挨拶状です。
ですから、相手の体調を気遣う気持ちを表わすとともに自分の近況報告も書くのが喜ばれますね。

暑中見舞いは梅雨明けから、立秋(8月7日頃)までに書くのが暑中見舞いで、立秋から後8月いっぱいくらいまでに書くのは残暑見舞いということになります。

暑中見舞いの書き方

一般的な暑中見舞いの書き方をご紹介します。

最初の挨拶

「暑中お見舞い申し上げます」

「謹んで暑中お見舞い申し上げます」

相手の健康を気遣う文

「連日暑い日が続いておりますが、お元気にお過ごしでしょうか。」

「今年も暑さの厳しい季節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか」

自分の近況報告

「私ども家族一同、いたって元気に過ごしております。」

「おかげさまで、社会人の生活にも慣れてきました。」

先方への気遣いと終わりの言葉

「これからも暑さが続きますので、くれぐれもご自愛ください」

「まだしばらくは暑さが続きそうですが、お体にはくれぐれもお気を付けくださいますように」

スポンサーリンク

「取り急ぎ暑中お見舞い方々、ご挨拶とさせていただきます。」

などで締めくくります

日付

令和○○年7月、令和○○年盛夏

のように書くのがいいようです。

ビジネスの場合はあまりくだけた表現は避けた方がいいですが、親しい人ならば、ざっくばらんに、「暑い日が続くけれども、お互いに頑張りましょう。」といった書き方でもいいでしょう。

一工夫あるとさらに素敵

手書きで、または手書きの一文を添える

普段はメールや電話でやり取りをすることが多いですが、はがきが届くと印象に残りやすく、受け取って嬉しいものですね。
たくさん出すときにはパソコンでもいいでしょうが手書きの一文が添えてあると印象はずっと良くなります。

きれいな字が書けないからと引け目を感じることはありません。
個性的な字でも丁寧に書かれたものはそれだけで受け取った人は嬉しくなるのですね。

ちょっと工夫のある絵やデザイン

市販の暑中見舞い用のはがきを買うのもいいでしょう。最近は色々なデザインのはがきが売っていますから、気に入ったものを買い集めるのも楽しみですね。
インターネットで探せば暑中はがき用の素敵なデザインも簡単に取り入れることができますから、短時間でも自分用の素敵なはがきが出来上がります。
もし絵やイラストが得意ならばあるいは絵手紙などが好きな人ならばオリジナルの暑中はがきを作ることができて、もらった人を何倍も喜ばせることができるでしょう。
気が利いたデザインの和菓子の包み紙などを切り抜いておいて、はがきに貼って独自のはがき作りをしている友人がいますが、これもいいですね。
ちょっとした工夫でより楽しい暑中見舞いはがきができるでしょう。

まとめ

暑中見舞いは梅雨明けから立秋までに出す季節の挨拶状です。
相手を気遣う挨拶と共に自分の近況報告をし、結びの文で締めくくるのが一般的です。
でもあまり固く考えず、気軽に声をかけるつもりで書くのもいいですね。
今年は一工夫凝らした気の利いた暑中見舞いを書いてみませんか。

スポンサーリンク