6月22日はボーリングの日です由来や楽しみ方について

ボーリングの日とは?ボーリングの歴史と楽しみ方

ボーリングは誰でもできる、手ごろな楽しいスポーツですね。
ボールが投げられるくらいのお子さんならば誰でもピンを倒して遊べますし、スポーツの苦手な大人でも年配者でもできるのがいいですね。
以前ボーリングがとても人気があったころは、どこの町にもボーリング場があって、マイボールやマイシューズを持っている人までいて、どこもとてもにぎわっていました。
現在はそれほどではないものの、練習しなくても道具が無くても、気軽にできるスポーツとしてあるいはレクリエーションとして根強い人気があるようです。

ところで6月22日は「ボーリングの日」だということをご存知でしたか。
どうやらこの日は日本で最初にボーリング場ができた日のようです。
それもずいぶん昔だったのは驚きです。
この珍しい記念日について、またボーリングの歴史やその楽しみ方についてご紹介しましょう。

ボーリングの日とは

ボーリングの日

1972年に日本ボーリング場協会が、6月22日を「ボーリングの日」と制定しました。
これは1861年文久元年に長崎で、日本で初めてボーリング場ができた日を記念して決められました。明治時代よりも前にすでにボーリング場があったなんて本当に驚きですね。
このボーリング場は外国人向けで、プレイの合間にお茶を飲んだり、食事をしたりすることもできる一種の社交場だったようです。

ボーリングの歴史

ボーリングは最近できたものかと思っていましたが、実は古代エジプト時代にすでにあった競技です。約5000年も前からあったとは全く知りませんでしたね。

元々ボーリングというのは宗教儀式で、災いや悪魔に見立てたピンをたくさん倒せば、災いから逃れられるというものだったようです。
ピンの数や並べ方は色々あったようですが、中世ドイツの宗教改革家のマルチン・ルターが、ピンを9本、並べ方をひし形に統一して、ボーリングの基本的なルールを作ったということです。これが近代ボーリングの原型になったわけです。
宗教家とボーリングなんてちょっと想像できない組み合わせですね。

スポンサーリンク

日本でボーリングが行われるようになったのは、ボーリングの日となった1861年6月22日以降ですが、1970年ごろにはプロのボーリングプレーヤーが出現して、テレビ中継もされるほどでした。
ボーリング場もたくさんできて3600か所以上もありました。ですがこのブームが過ぎると、だんだんボーリングをする人が減り、ボーリング場も減りました。

ボーリングをみんなで楽しむには

ひところのようなブームは過ぎましたが、ボーリングは誰でもできる手軽なスポーツであることに変わりはないようです。

ボーリングの強みは、初心者でも練習しなくてもすぐにやってみることができますし、道具は借りられるので手ぶらで出かけられるので、思い立ったらすぐに行ける便利さがありますね。それにボーリングのルールは簡単ですから、お子さんでもすぐに参加できます。スポーツと言っても安全でけがをすることはほとんどありません。
また室内ゲームなので雨の日でも楽しめるので予定を立てやすいですね。
一人で黙々と練習してスコアを伸ばすことを目標にすることもできますが、レジャーとして大勢でも楽しむこともできます。
みんなで行って、ゲームの合間に友達と親睦を深めるなんていうのもいいですね。
ですから、みんなが参加するレクリエーションとしてボーリングを楽しむのもいいのではないでしょうか。

まとめ

6月22日はボーリングの日です。日本ボーリング場協会が1861年に日本で初めてボーリング場ができた日にちなみ記念日としました。
ボーリングはひところのようなブームは過ぎましたが、誰もができる気軽なスポーツとして、またみんなで楽しめるレクリエーションとして根強い人気があります。
雨の日にも楽しめるボーリングを見直してみるのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク