6月6日は稽古始めです本来の意味を知って現代の習い事に活かしてみましょう

最近は早期教育に関心が高まっているようですね。まだオムツをしているような赤ちゃんから、ベビースイミングや、ベビーイングリッシュの教室に通っている子どもたちがたくさんいます。
幼稚園や保育園でも英語や体操の時間がある園は人気が高いそうです。
確かに早く始めれば早く泳げるようになるし、英語の発音はネイティブ並みになれそうですね。
でも昔から稽古始めと言って、お稽古は6歳からが良いとされていますから、その基準からするとちょっと早過ぎることになります。
そこで「稽古始め」の本来の意味を調べて、現代の習い事にも応用できないか考えてみました。

稽古始めの本来の意味は?

稽古始めの歴史

「稽古始め」とは、楽器や舞踊などの伝統芸能の世界で、子どもが稽古を始めることですが、6歳の6月6日にお稽古を始めると上手になれると言われています。
その理由は室町時代に能を大成した世阿弥が能の理論書「風姿花伝(ふうしかでん)」の中で、「この芸において、おほかた、七歳をもてはじめとす。」とあることです。
現代風に言えば「習い事を始めるには数え年で7歳(満6歳の年)がもっとも良い」ということになります。
さらには能の稽古はあまり細かく教えたり、口うるさく注意したりすると、やる気を無くしてしまうので、基本的なことだけ教え、それ以上のことをさせてはいけない。
ちょうど良い、その子の最も得意な役柄で出してやるのが良い。
と続き、叱らず、のびのび楽しく稽古をさせてよく褒めて伸ばしましょうということのようです。

6月6日になった訳

江戸時代の歌舞伎のセリフで「6歳6月6日に…」という響きの良い言い回しが使われるようになり、それが定着し、習い事を始めるには6歳6月6日からと言われるようになったという説と、数を数える時に順に指を折っていくと6の時に小指が立ちます。
「小指が立つ」つまり「子が立つ」ということで縁起が良いので、6歳の6月6日からとなったという説があります。
いずれにしても現代風に言えば7歳からということになります。

稽古の意味

稽古というのは「稽」は「考える」という意味があって、「古(いにしえ)を考える」という意味になります。
ですから芸術や武術などを習うことや練習すること以外に、昔の本を読んでものの道理や故実を学ぶことも稽古といいます。
ただの練習以上の意味があったのですね。

スポンサーリンク

現在の習い事に活かすには?

稽古の本来の意味を考えると、お稽古を始めるのは7歳というのは適当でしょうね。
それ以下では「古」(いにしえ)に思いをはせることは無理ですから。
要するに適した年齢で始めなさいということでしょう。
また能のお稽古は基本だけ教えてのびのびやらせるというのは現代の習い事にも通じることですね。

習い事を始める時期

現在はピアノやバイオリンなどの音楽やスイミングや体操のようなスポーツ、英語や文字や数の勉強など様々な習い事があって、何をいつから始めるのがいいのか迷いますね。
お子さんが小さい場合はそのお子さんが好きそうなもので、興味や関心を示した時期に始めるのがいいようです。
好きなことをやりたいと思うときに始めれば長続きするし、上達するものですね。
あまり関心がないのに親の勧めで始めると短期間で嫌になってしまうこともあります。

あるお子さんは児童館に連れて行くといつもピアノの前に座って鍵盤を叩いているので、幼稚園に入る前でしたがピアノ教室に入れたところ、よく練習して上手になったそうです。

またある元気のよいお子さんが3歳になった時に、英語を話せるようになって欲しいと思ったママが英会話の先生を頼んだのですが、お子さんはあまり興味がなかったらしく、すぐに挫折してしまったそうです。

稽古始めの目安とされる7歳はある程度自分でも興味のあることとそうでないことを判断できる年齢なので、本人の意思を尊重するには良い時期かもしれませんね。
また世阿弥が勧めるように、無理せずある程度本人の好きなようにさせて、喜んで稽古するようにさせてあげたいものですね。

まとめ

「稽古始め」とは伝統芸能に置いて6歳の6月6日から稽古を始めることです。
この日に始めると上手になれるとも言われます。
現在はそれより早くからお子さんたちは習い事を始めているようですが、基本的にはお子さんが好きなことを、興味を示した時に習い始めるのがいいようです。
基本を教えてのびのび学ばせるという稽古始めの精神は受け継いでいきたいものですね。

スポンサーリンク