暑気払いとは?時期や楽しみ方を紹介します。

暑さを乗り切る暑気払いの方法は?

ある冷夏の年にビール会社の人たちが「猛暑祈願」をしたというテレビのニュースを見たことがありました。ビールは「暑気払い」の目玉でもあるので、寒い夏は困るというわけです。
その年は猛暑祈願が聞かれたのか、その後暑い日が続きビール会社の売り上げは回復したと聞きました。最近は地球温暖化のせいで、猛暑祈願などしなくても、毎年猛暑が続き、「暑気払い」の必要性は高くなる一方かも知れませんね。

ところで「暑気払い」とは、ただ暑いからビールを飲むということだけではなさそうです。
暑気払いの本来の意味と、楽しみ方をご案内しましょう。

暑気払いとは何でしょう

「暑気払い」とは「暑さを打ち払う」という意味で、暑い夏に冷たい食べ物や体を冷やすのに役立つ食品を食べ、体を冷やす効果のある漢方薬などを飲んで体にたまった熱気を取り除くことです。
冷たいジュースや冷えたビールを飲むこともそうですが、昔は体を冷やす効果のある枇杷葉の薬湯を飲むことも暑気払いの一つでした。
また薬湯に浸かったり、行水をしたり、川遊びで暑気払いをするところもあったようです。
現在は「暑気払い」というともっぱら美味しいものを食べて、冷たいビールなどを飲む宴会が多いようです。

暑気払いの時期と楽しみ方

暑気払いの時期

暑気払いはいつやるべきか決まっているわけではありませんが、早すぎても遅すぎてもおかしな感じになりますから、昔から暑い時期と言われる旧暦の季節を目安にするのがいいようです。

夏至(げし6月21日ごろ)から夏越の祓い(夏越のはらい6月30日)小暑(しょうしょ7月7日ごろから)土用(どよう7月20日ごろから)大暑(たいしょ7月23日ごろから)立秋(りっしゅう8月7日ごろから)処暑(しょしょ8月23日ごろから)ごろまでが該当します。

スポンサーリンク

つまり、6月中旬から8月中旬までならば、暑気払いが十分に活かせそうですね。

楽しみ方

暑気払いに宴会を開いて、美味しいものを食べ、冷たいビールを飲んで親睦を図り、元気に夏を乗り切るのもいいでしょう。
会社だけではなく、町内会やサークルなどでも暑気払いを計画するところがありますから、気軽に出向いてみるものいいですね。

暑気払い本来の意味からすれば、宴会だけでなく、スイカやかき氷、冷たいそうめん、冷や麦などを食べるのも暑気払いになりますね。
キュウリなどの夏野菜を食べるのもいいようです。薬湯に浸かるのはちょっと難しいですが、川遊びやプールに入るのもいいですね。
お子さんが小さければ、ビニールプールに水を張って、水遊びをするのもいいアイデアですね。
暑いからと言ってクーラーをガンガン効かせた部屋にこもりっきりになるのは返って不健康かもしれません。
あるお店の経営者の方は、外からのお客さんのために冷房を強くしてあるので、一日中店番をすると夕方には体が冷えすぎてぐったりしてしまうので、夕方からは外に出て汗を流してから、部屋に入り夕食には冷たいものも食べるようにしていると言っていました。暑さ対策にもメリハリが大切なようです。

暑い日にも外遊びや運動をして体を動かし、必要に応じて冷たいものを食べたり、冷たい飲み物を飲んだり、水遊びをするのは健康的な暑気払いとも言えそうです。

まとめ

「暑気払い」とは暑気を打ち払うという意味で、暑い時期に冷たいものを食べたり冷えた飲み物を飲んだりして、体にこもった熱気を追い払うことです。
また薬湯を飲んだり、浸かったりすることもあったようです。
現在は暑気払いというと美味しいものを食べて、冷たいビールを飲む宴会が主流のようですが、本来の意味からすれば、スイカや夏野菜を食べ、水遊びなどをすることも暑気払いと言えそうです。今年は宴会だけでなく親子そろって水遊びをして、冷たいものを食べるのも良さそうですね。

スポンサーリンク