いちご狩りのシーズンがやってきた。美味しいイチゴの見分け方や楽しみ方

いちご狩りのシーズンを確かめて、思いっきり楽しもう

いちごは美味しいですよね。
大人も子供も大好きですし、イチゴのないショートケーキはちょっと考えられませんね。
子どもが小学校の卒業記念にいちごの苗をもらってきたことがありましたが、白くてかわいい花が咲いて5月には美味しい実がなったのを覚えています。
最近いちご狩りに誘われたのですが、3月の下旬には予約がいっぱいでした。
でもようやく空いた日があって予約が取れたので、美味しいいちごを堪能することができまた。
いちご狩りは5月かと思っていたのはどうも違っていたようです。
いちご狩りのシーズンを逃さないためにその実態を調べ、あわせていちご狩りの楽しみ方もご紹介しましょう。

いちご狩りのシーズンは?

最近はいちごの栽培はほとんどがハウスで行われています。
路地植えのいちごは3月~5月に花が咲いて、4月~5月に収穫しますが、ハウス栽培では、10月~5月ごろまでいちごの実がなります。
いちご狩りができるのはだいたい1月~5月中旬ぐらいまでのようです。
気候にもよるので、地域によって多少のずれが出ます。
寒い北海道では6月中旬から7月中旬までがいちご狩りのシーズンなのです。
いちご狩りに行くならば、あらかじめ時期を確認し、予約をしてから出かける必要があります。
3月~4月の週末や休日には非常に混雑して予約も取りづらいので、早めに予定を立てましょう。
4月ごろからはいちごの成長が早くなるので、美味しいいちごに出会える確率は高くなります。
予約なしでも行けるところもありますが、午前中の早い時間に出かけるのがいいようです。
熟した実が無くなり次第に終わりになるところもあるからです。
各いちご園に問い合わせをして実の熟し具合や開園状況を調べてから出かけたいですね。

スポンサーリンク

いちごを摘んで美味しく食べよう

いちご狩りに行くときにはできるだけ早く着いて、たくさんの人がいちごを取り切る前に良い状態のいちごを摘みたいものです。

美味しいいちごの見分け方

ヘタの近くまで鮮やかな赤さでつやがあるもの、つぶつぶの周りが盛り上がっていてつぶつぶがしっかり立っているもの、ヘタの色が鮮やかでピンと張っているものが美味しいいちごです。

いちご狩りの仕方

早い時間なら完熟のいちごを摘みやすいですが、そうでない場合は入り口付近よりも奥の方や、高いところよりも低いところを捜すと良い実が見つかることがあります。
小さくてもまた形がちょっとしゃくれたものでも、赤くてつやつやしているものは甘みが詰まっているのでおすすめです。

いちご園によっては種類の違ういちごを育てているところもあるので、一か所でずっといちごを摘むよりも、いくつかの場所を回ったほうか、種類の違ういちごを食べられていろいろないちごの味を楽しめます。

椅子やテーブルが用意してあって、その場で摘みたてのいちごを食べられようになっているところが多いので、ぜひその場で味わいたいですね。
さっと水洗いして食べるのがいちばんですが、お好みで練乳などをかけるのもいいですね。
新鮮で美味しいいちごはこたえられません。
持ち帰ることもできますが、この場合には洗わずに測ってもらって料金を払います。
自宅へのお土産としては最高ですが、傷みやすいのですぐに冷蔵庫に入れ、できるだけ早く食べきりましょう。

まとめ

いちご狩りは1月~5月ごろまで行われています。
地域によって時期は異なりますが、3月~4月はとても混むので、あらかじめ予約をして出かけましょう。
できれば朝早い時間に行って、よく熟れた赤いつやつやのいちごを捜して摘みたいですね。
その場で新鮮ないちごを食べ、お土産に持ち帰るのもいいです。
家族であるいはお友達と一緒にいちご狩りを大いに楽しみましょう。

スポンサーリンク