【時の記念日】時間の大切さを再確認してみよう。由来や行事の紹介

「時の記念日」には時間の大切さを再確認したい!

地方へ行くと○○時間というのがあって、○○町の町内会などは定刻通りには始まらないで、20分あるいは30分またはそれ以上遅れて始まるのが常識となっているところがありますね。
よそから引っ越してきた人は、定刻に行ってみたらほどんど誰も来ていなくて驚いたという話も聞きました。
現在はみな忙しくなったので、のんきな○○時間は減ってきたようです。

ところで6月10日は「時の記念日」だということをご存知ですか。
この日は時間を大切にしようという意図で始まったようです。
忙しい現代人にとっては、時間を守り、時間を大切にすることは重要ですね。今回はこの「時の記念日」の由来を知り、時間の使い方について考えてみました。

「時の記念日」とは?

6月10日は「時の記念日」で、1920年に東京天文台と財団法人の生活改善同盟によって、「時間をきちんと守り、欧米並みに生活の改善・合理化を図ろう。」という目的で制定されました。
明治時代ごろまでは日本は時間にルーズだったようですが、時の記念日の呼びかけにより、欧米諸国に習い追いつこうという機運が高まり、現在では日本は時間に正確な国民であると評価されるようになったようです。

時の記念日の由来

日本書紀に「天智天皇10年4月25日の頃に、漏刻(水時計)を新しき台に置く。
初めて候時を打つ。鐘鼓を動かす」とありますが、現代の暦に合わせると、「671年6月10日に、日本で初めて設置した漏刻が時を刻み、鐘を打ち鳴らした」ことを記念して、6月10日を「時の記念日」に制定したわけです。

時の記念日の行事

ドン花火と呼ばれる正午を知らせる花火があります。これは江戸時代から明治時代後半まで富山城で正午に鳴らされていた時鐘が起源とされています。
富山市では1901年から毎日正午にドン花火が打ち上げられていました。
また日本各地でも行われていましたが、一時中断した後、1956年に富山市で「時の記念日の正午にドン花火を打ち上げる」ということで復活しました。現在は富山市の神通川河川敷で行われて大勢の人が集まるそうです。

スポンサーリンク

時間厳守を実行したい

「時間を守りましょう」とはよく言われることですが、文化圏によって多少の遅れや誤差は許されるようです。
日本にも先の例のように「○○時間」というのがあって30分遅れぐらいは大丈夫と思われているところもあります。
欧米では学校の授業時間や病院の予約のような場合以外は10分~15分の誤差は許容されるようです。アフリカなどでは1時間ぐらいの遅れは問題にされないようです。

ですが現在の日本では、時間を守ることはとても大事なことですね。
学校や職場に遅刻してばかりいては信用を無くしますし、約束の時間に遅れることは相手の人の大事な時間を浪費させることになるので、できる限り時間厳守を実行したいところです。
ある人は電車の事故や車の渋滞があっても大丈夫なように目的地に30分前には着くようにしているそうですが、見習いたいものです。

時間は大切に使いたい

忙しい毎日を過ごしている人にとっては、時にはリラックスするために、あえて予定を立てずに、ぼーっとしている時間を作ることも必要ですね。
ただし、休日だからとずっとベッドに入りっきりとか、ゲームに熱中し続けるような、時間の浪費になるようなことは避けたいものです。
好きなことだとつい夢中になって時間を忘れることはよくありますが、ある実業家は常にタイマーをかけて、一つのことにのめりこまないように時間の管理をしているそうです。
凡人は思いつかないことですが、良いヒントにはなりますね。

まとめ

6月10日は「時の記念日」です。時間をきちんと守り、欧米並みに生活の改善・合理化を図ろうという目的で制定されました。
671年6月10日に、天智天皇が日本で初めて設置した漏刻が時を刻み、鐘を打ち鳴らしたことを記念して決められました。
現代人は忙しい毎日を過ごしているので、こういう機会に時間を守り、時間を大切にすることを考え直してみることも必要かもしれませんね。

スポンサーリンク