食中毒を予防しよう。原因や原則。家庭でもしっかり予防しよう

もうだいぶ前のことになりますが、小学校の給食を食べた子どもたちがO157という細菌に感染し、たくさんの子どもたちが入院したり、亡くなったりして大問題になったことがありました。
細菌が原因となる食中毒は6月~8月の暑い時期に発生することが多いので、これからの季節は要注意ですね。
美味しく食べたのにその後でひどい病気になっては大変ですから、食中毒の原因と予防方法を考えてみました。

食中毒の原因

食中毒は細菌やウィルスによって引き起こされます。
細菌の代表的な物はO157や O111などの腸管出血性大腸菌やカンピロバクター、サルモネラ菌などです。
食中毒の原因になる細菌は、室温が20度ぐらいで活発に増殖し始め人間の体温ぐらいの温度で増殖のスピードが最も速くなります。
また湿気も好むので、気温が高くなり湿度も高くなる梅雨時には細菌による食中毒が起こりやすくなるのです。

一方、ウィルスは低温や乾燥した環境で活動が活発になるので、ノロウィルスによる食中毒は冬場の11月~3月ごろに多発しています。
ノロウィルスは調理者から食品を通して感染する場合が多く、ノロウィルスに感染した人の手やつばや便、嘔吐物などを介してうつることも多いようです。
他にはウィルスが二枚貝に潜んでいることもあります。ノロウィルスによる食中毒は大規模化することが多く、年間の食中毒患者数の半分以上を占めているそうです。

食中毒予防の原則

食中毒は、原因となる細菌やウィルスが食べ物に付いて体の中に入ることによって発生します。ですから食中毒を防ぐには、細菌の場合は細菌を食べ物に「つけない」「増やさない」「やっつける」が原則です。

ウィルスの場合には、食品中では増えないので、ウィスルを「持ち込まない」「ひろげない、つけない」「やっつける」が原則になります。

具体的な方法は次のようになります。

細菌をつけない

スポンサーリンク

手には様々な雑菌がついています。食中毒の原因になる細菌やウィルスを食べ物に付けないように十分に手洗いをしましょう。
手に付いた細菌は水洗いだけでは除けません。
指の間やつめの中まで石鹸をつけて、手のひら、手の甲、指先やつめの間、指の間を念入りに洗います。親指と手のひらをねじり洗いし、手首も忘れずに洗いましょう。

細菌を増やさない

細菌は高温多湿を好むので、低温で保存することが重要です。
肉や魚などの生鮮食料品やお総菜などは購入後できるだけ早く冷蔵庫に入れましょう。
冷蔵庫に入れても細菌は徐々に増殖するので、早めに食べることが大切です。

細菌をやっつける

ほとんどの細菌やウィルスは加熱すると死滅するので、肉や魚はもちろん野菜も加熱して食べる方が安全です。
ふきんやまな板などの調理器具も洗剤で洗った後に熱湯をかけて殺菌するか台所用の殺菌剤で除菌しましょう。

ウィルスを持ち込まない

調理者が調理場にウィルスを持ち込まないことは重要です。
ウィルスに感染した場合は調理場に入らないことは重要です。
そのためには健康管理や健康状態の把握が必要です。

ウィルスを広げない

万一ウィルスが調理場に持ち込まれても、それが食品に付着しなければ食中毒は起こりません。
そのためにも手洗いを徹底し、ふきんやまな板、包丁などの器具をきれいに洗い、熱湯消毒を定期的にすることが必要です。

まとめ

食中毒は細菌やウィルスに感染することによって起こります。
夏場の食中毒は細菌によるものが多く、冬場はウィスルスによることが多いようです。
いずれの場合にも調理の時には手を十分に洗うこと、食品を低温で保存すること、できる限り加熱して食べる、また調理器具を清潔にし、定期的に熱湯消毒するなど気を付けて、食中毒のない健康的な生活をしたいものですね。

スポンサーリンク