てるてる坊主の作り方。いわれや効果について紹介します。

以前、お世話をしていた近所の小学生に、「明日は大事な用事で出かけなきゃいけないのに、雨が降りそうなのよね。」と言った時、彼は、ティッシュペーパーを取り出して、ササっと丸めててるてる坊主を作って、「これを吊るして、寝るといいよ。」と言って私にもたせてくれました。
翌日、天気予報は悪かったにもかかわらず、てるてる坊主のおかげで、雨は降らず本当にラッキーでした。
「大事な用事」は何だったか忘れてしましましたが、彼のやさしい心遣いが嬉しくて、ティッシュペーパーのてるてる坊主はずいぶん長い間しまってありました。

この「てるてる坊主」はいつごろからあるのでしょうか、また何かいわれがあるのなら知りたいですよね。そのあたりのことを調べてご紹介しましょう。

てるてる坊主のいわれは?

てるてる坊主は江戸時代に中国から伝わった「掃晴娘(さおちんにゃん)」という風習がもとになっているようです。
掃晴娘は箒を持った女の子の形をした紙人形で雨雲を箒で払ってくれると言われています。
ですから雨が降り続いた時に、この掃晴娘を門に掛けておく、軒先につるすなどすると空を掃いてくれて、やがて晴れになるというわけです。

日本では江戸時代の中期に晴れを祈るために紙を人の形に折ったものを吊るす習慣がありました。
日本ではどうして女の子ではなく、坊主なのかはっきりしないようですが、お坊さんのほうが、魔力が強く、願いが叶いそうだからという理由で、坊主と言われたようです。
太陽がてることを祈願するので、「照る照る坊主」「照れ照れ坊主」「日和坊主(ひよりぼうず)」などと言われたらしいです。

てるてる坊主の作り方

てるてる坊主は白い布に綿などをつめて顔を作り、目や鼻、口を描いて、首のところを糸できゅっとしめて、頭にひもをつけて吊り下げるものと思っていましたが、どうもこれは本来の作り方ではなかったようです。

スポンサーリンク

てるてる坊主は、顔は描かずに吊るして、翌日晴れたら顔を描いて感謝の気持ちを表わしてから川に流すのだそうです。
もし願いが叶わなくて雨になってしまったら、顔は描かずに処分するとのことです。
縁起ダルマに、片方だけ目を入れて願い事をして、願いが聞かれたらもう一つの目を描き入れるのに似ている気がしますね。

てるてる坊主の効果は?

てるてる坊主の効果

てるてる坊主を作って吊り下げたからといって必ずしも晴れるわけではないのは誰もが認めるところでしょう。
最近は天気予報がかなりの確率で当たるようになったので、そう簡単に雨が晴れに変わることはないような気がします。
でも天気は人間の力ではどうにも変えることができないことなので、せめててるてる坊主を作るという自分にできる作業をして、自分の願いを表明するのは心休まることではないでしょうか。

お子さんの遠足や運動会といったぜひ晴れて欲しい日には、前日に一緒にてるてる坊主を作って、安心させてぐっすり眠ることができるようにしてあげるのがいいですね。

先の小学生は十分に私の心を勇気づけてくれました。
だからもし翌日雨だったとしても私は気持ちよく傘をさして出かけただろうと思います。

雨を降らせたいときは

ドラえもんに雨乞いのために「るてるて坊主」を作るというお話がありますが、一般にも「るてるて坊主」、「あめあめ坊主」、「ふれふれ坊主」などを吊り下げて、雨乞いをするという話を聞きました。
具体的には坊主の顔を描く、黒い布で作る、体の部分に切れ込みを入れるなどするようです。効果のほどはわかりませんが、やってみるもの面白いでしょうね。

まとめ

てるてる坊主は中国の「掃晴娘」という言い伝えがもとになってできたもので、日本では江戸時代中期から行われるようになった風習です。
本来は白い布などで顔と胴体を作って軒下などに吊り下げて、晴れを願います。
翌日、晴れたら顔を描き、感謝を込めて川に流したようです。
現在も子どもたちの遠足や運動会などの時にはお子さんと一緒にてるてる坊主を作って、安心してよく眠れるようにしてあげたいものですね。

スポンサーリンク