和菓子の日には美味しい和菓子を!由来や作り方に紹介

以前日本に住んでいたイギリス人で日本の羊羹を初めて食べた時に、「こんなに甘くて美味しいものは食べたことがなかった。」と言った人がいました。
チョコレートやケーキがふんだんにあるお菓子の国、イギリスから来た人が和菓子のほうが甘くて美味しいと言ったのは意外でした。
和菓子には洋菓子にない甘さや美味しさがあるのかもしませんね。

ところで6月16日は和菓子の日ですが、その由来を調べ、人気のある和菓子の作り方もご紹介しましょう。

和菓子の日の由来

6月16日は「和菓子の日」です

平安時代、西暦848年(承和15年、嘉祥元年)の夏に、国内に疫病が蔓延したために、仁明天皇が、6月16日に16にちなんだ、菓子や餅などを神前に備えて、疫病を除け健康招福を祈って、「承和」を「嘉祥」と改元したとされます。
これを起源として室町時代に6月16日に厄除け、招福を願ってお菓子を食べる嘉祥菓子の習慣ができました。
江戸幕府は6月16日を「嘉祥の日」として、江戸城の大広間で大名や旗本に2万個もの和菓子をふるまったそうです。そして1979年に全国和菓子協会がこの日を「和菓子の日」として記念日にしたわけです。

嘉祥菓子

平安時代に始まった嘉祥の儀式では16個の菓子や餅を神前に備え、宮中で食べていたそうです。16個の菓子や餅は数が多すぎて、準備も食べるのも大変なので、江戸時代には16個ではなく、1と6を足して7ということで7個のお菓子にしてこれを「七嘉祥」というようになりました。
現在も「嘉祥菓子」と言えば7個のものが多いようです。和菓子の日には期間限定で「嘉祥菓子」の販売しているところもあるそうです。

人気のある和菓子と作り方

アンケート調査によると和菓子の中で人気があるもののベスト3は「大福」、「どら焼き」、「みたらし団子」だったそうです。そのほかにもカステラ、羊羹、桜餅、わらび餅、あんみつなどの和菓子も人気があります。

大福

昔は家庭で作られていました。お店で売られようになったのは江戸時代からで、小石川のあたりで最初に大福を売り始めたのが、元祖「大福店」だと言われています。

電子レンジを使うと簡単に作れるのでご紹介します。

3個分として、白玉粉50g、さとう50g、水100㏄、こしあん(市販品または自家製)45gを用意する。

スポンサーリンク

白玉粉と砂糖を混ぜ合わせ水を少しずつ加える。

ラップをしてレンジ600wで1分加熱、木べらで混ぜる、さらに600wで15秒加熱、混ぜて透明感が出たら完成。できたたねの1/3にこしあん15gをのせてくるめば出来上がりです。

どら焼き

ドラえもんが好きなお菓子としてよく知られますが、どら焼きは膨らんだ円盤状のカステラ風生地2枚に小豆餡を挟み込んだ和菓子です。

作り方はとても簡単なので自宅でも作れます。

6個分として、市販の小豆餡あるいは自家製の小豆餡を用意します。

薄力粉120g、卵2個、さとう100g、はちみつ大さじ1、水カップ1/4をよく混ぜて、フライパンに油をしいて、たねを流し込み丸く焼きます。

粗熱が取れたら2枚のどら焼きの皮にあんを挟み込めば出来上がりです。

みたらし団子

砂糖醤油の葛餡をかけた櫛団子のことですね。みたらし団子は京都市左京区の下鴨神社が行う御手洗祭が語源とされます。境内にある御手洗池(みたらいいけ)の水疱をまねてこの団子が作られたそうです。下鴨神社の氏子であった菓子店亀屋粟義の主人がこれを商品化しました。

みたらし団子もまた簡単に作れます。

8人分として、白玉粉100gと上新粉100gにぬるま湯180㏄、砂糖60g、しょう油大さじ2、片栗粉多さじ2、みず120㏄を用意します。

白玉粉と上新粉にぬるま湯を少しずつ加えて良く混ぜ、24等分して、団子状に丸める。

お湯を沸かして団子を入れて茹でる、浮き上がってから2~3分ゆでて救い上げて水に~3分さらす。できた団子を3個ずつ串にさす。

鍋に砂糖としょう油、片栗粉、水を入れて良く混ぜてとろみをつくまで煮る、できたら串団子にかけて仕上げます。

どれも想像よりも手軽に作れるので、和菓子の日に挑戦してみるのもいいかもしれませんね。また和菓子は洋菓子に比べるとチョコレートやバターを使わないので、カロリーは低くダイエットしている人でも食べられのは嬉しいところです。

まとめ

6月16日は「和菓子の日」です。
その昔仁明天皇が、疫病除けと招福祈願のために16にちなんだ菓子や餅を神前に備えたのが起源だと言われています。
「嘉祥菓子」として縁起の良いお菓子の販売も行われていますが、和菓子を見直し、自宅でお菓子作りに挑戦するのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク