【水無月】京都では6月30日に「水無月」という和菓子を食べます。

水無月の由来を知ろう

中学生になると旧暦の月の名前を勉強しますね。「睦月、如月、弥生、などなど」ちょっとややこしくてなかなか覚えられなかったのを思い出します。
ところで6月は雨の季節なのに「水無月」というのはどうしてだろうかと気になったことはありませんか。
6月なら「水が有る月」と考えられるのに、と思ったのは私だけでしょうか。
ここでその疑問に答えてみたいと思います。

水無月とは

水無月は旧暦の6月のことで、新暦6月の和風月名でもあります。
新暦の6月は旧暦とは少しずれていて、実際には1か月ほど遅れています。
旧暦の6月は新暦の6月下旬から8月上旬に当たります。

水無月の由来にはいくつかありますが、「水が多い」という意味といややはり「水が無い」という説があります。

一つの説は水無月の「無(な)」は「の」に当たる連体助詞だというものです。
水が無いわけではなく、「水の月」という意味だという説です。
梅雨明けに当たる旧暦6月は田んぼに水を引く時期であったということから、「水無月」と呼ばれたのだそうです。

もう一つの説は水が無いから「水無月」だとするものです。
水が全く無いのではなく、田んぼに水を引くために、そのほかの場所には水が無くなるという説や、暑さで水が干上がってしまうので「水無月」という説もあります。

また旧暦の6月は田植えという大変な仕事を終える時期にあたります。
「今年も無事に、みな、田植えの大仕事をし尽くした、終えた」という意味で「皆仕尽」とされたという説もあります。

いずれにしても、水は農作業にとっては大切だったので、月の名前にも関係してきたのでしょう。

これで梅雨時なのに「水無月」と言われるようになったことに納得がいきました。

水無月の別名とゆかりのお菓子

水無月にはいくつかの別名や異称がありますのでご紹介します。

晩夏(晩夏)

スポンサーリンク

旧暦では、4月~6月が夏になります。このために6月である「水無月」が夏の最後の月になるので「晩夏」と呼ばれるわけです。

季夏(きか)

四季の終わりを意味する「季」ということばがあります。夏の終わりの月である「水無月」は「季夏」とも言われます。

水張月(みずはりづき)

6月は田んぼに水を引く月です。このために田に「水を張る」という意味で「水張月」とも呼ばれます。

鳴神月、鳴雷月(なるかみつき

水無月は雷の多い月でもあるので、「鳴雷月」と呼ばれました。また雷や稲妻は神が姿を現しているのだとも考えられたので、「鳴神月」とも呼ばれました。

和菓子の水無月

京都では6月30日に「水無月」という和菓子を食べて半年間の身の汚れを払い、暑い季節を夏バテしないで元気に過ごせるように願掛けをする習慣があります。
和菓子の「水無月」は三角形のういろうの上に小豆がのっている上品な和菓子で、三角形になっているのは氷のかけらをイメージしています。
また小豆は悪魔祓いの意味があるのだそうです。
氷は室町時代の氷の節句の行事に氷を取り寄せて暑気払いをしたことにちなんでいます。
6月に食べるにはぴったりの和菓子でしょう。

まとめ

「水無月」は旧暦に6番目の月の名前です。新暦の水無月は旧暦よりも1月余り遅れているので、旧暦の6月は現在の6月下旬から8月上旬になります。
「水無月」と書きますが、「水の月」という意味だったという説と、田に水を引くので他の場所には水が無くなったからという説などがあります。

6月には「水無月」以外にも「晩夏」、「季夏」、「水張月」、「鳴神月」などの異名もあるので覚えておくといいかもしれません。
また京都には6月30日に食べる夏にちなんだ「水無月」という美味しいお菓子もあります。「水無月」の意味を思い出しつつ和菓子をいただくのも悪くないでしょう。

スポンサーリンク