衣替えの時期はいつ?効率よくする方法コツや裏技も紹介しちゃいます

6月初めに学生さんが黒い上着を脱いでワイシャツで登校するのを見ると、衣替えの季節だったと気が付きますね。
最近は温暖化で気温が高くなったので前倒しで衣替えをするところも出てきましたが、四季のはっきりしている日本ならではの習慣ですね。

この衣替えという習慣はいつごろから行われるようになったのでしょうか、その由来や歴史を調べ、さらに効率良く衣替えをする方法を考えてみました。

衣替えの歴史

衣替えは中国の宮廷で旧暦の4月1日と10月1日に夏服と冬服を入れ替えたことから始まった習慣です。

日本へは平安時代のころ伝わり室町時代から江戸時代にかけて四季に合わせて式服を替える習慣が定着したそうです。

現在は学校や企業の制服は6月1日と10月1日に一斉に衣替えが行われていますが、地域によっては多少のずれがあるようです。

衣替えの時期とコツ

夏の衣替えの時期

気温が20度前後の日が続くようになったら、衣替えの目安ですね。
でも焦らず1回でやろうとせず、段階的に2~3回に分けて行うのがいいようです。
無理に早くしまうと寒い日があって、またしまった冬物を出して着なくてはならなくなるからです。
まず3月末ぐらいから、ダウンジャケットやオーバー、セーターなど着ないものを洗濯をし、クリーニングに出してしまう準備にかかります。
さらに暖かくなった4月ごろから冬のスーツや外出着をクリーニングに出し、ニットの帽子やマフラー、厚手のスエットやズボン、部屋着などを洗濯したり、虫干しをしたりしてきれいにします。
5月の連休のころまでには冬物をしまって夏物を出して衣替えを完成させたいですね。

衣替えのコツ

まず服の見直しをしましょう。

まずは今シーズン着たものでも来年も使うか検討して、不要になるものは処分します。
まだ着たいもので、ほつれや傷みがある場合は修繕しておきましょう。

スポンサーリンク

洗濯やクリーニング

来シーズンも使うものは、洗濯をし、クリーニングに出してからしまいましょう。
洗えない革製品などはよく虫干しすることが必要です。

防虫剤や除湿剤

クローゼットや押し入れなどの収納スペースはよく埃を取って、湿気がきやすいところでは除湿剤も入れ替えて良く乾燥させてから、衣装ケースなどを入れましょう。
衣装ケースや引き出しも埃を払い、新しい防虫剤を十分に入れることが大切ですね。

保管

天袋やクローゼット、押入れなどの保管場所には、わかりやすいように衣装ケースごとに中に入れた物のメモを張ってから保管するのがいいでしょう。

衣替えを楽にする裏技

衣替えをするのは日本の気候から考えて適当なことではありますが、高齢になると衣類の出し入れだけでも大変になります。
そこで大きなクローゼットにしまえるだけの衣類にして一年中出しておくという人もいます。

これならば、衣替えも必要ないし、あれはどこに入れたかと探し回る必要もないわけですね。でもそれには数をきっちりと決めて不要な物を処分しなければなりません。
肌着にしても靴下にしても数を決めて、一つ買ったら一つ捨てることを徹底しなければなりませんが、断捨離を実行して物を持たない生活をするのもいいかもしれませんね。

まとめ

衣替えは四季のはっきりしている日本ならではの習慣で、6月と10月に行われています。
日本では平安時代から式服を替える習慣があったようです。

衣替えは衣類を見直すチャンスでもありますから、不要な物を整理し、必要なものは手入れをして洗濯やクリーニングに出して良い状態で保管します。
またある程度のスペースがある人は必要な衣類を一年中出しておいて衣替えをしないという方法もありますが、それには衣類の大幅な整理が必要です。
いずれにしてもその家の事情に合わせて効率良く衣替えをしたいものですね。

スポンサーリンク