ジューンブライドの由来と意味幸せになれるって本当?

だいぶ前のことですが、ある若いイギリス人の宣教師が日本にやってきて、翌年の6月にフィアンセを呼び寄せて、結婚式をしました。自国ではジューンブライドは良いということになっていたので、何のためらいもなく6月に決めたのでした。
ところが6月の日本は梅雨時で蒸し暑いのに当時エアコンはなく、イギリス人は夏用のスーツなど持っていなかったで、ウールのスーツを着込み、汗びっしょりの大変な結婚式だったそうです。後でこのカップルは、「今度、結婚式をするときは、6月は止めましょう。」と冗談を言っていました。

西洋ではジューンブライドは幸せになれると言われているようですが、本当でしょうか。ジューンブライドにはどんな由来や意味があるのでしょうか。
また最近は日本でもジューンブライドが注目されるようになったのはどうしてでしょうか。
そのあたりの真相を探ってみました。

ジューンブライドの由来と意味

ジューンブライドとは文字通りには「6月の結婚」のことですが、西洋では6月に結婚すると幸せになれると言われています。
その由来にはいろいろな説があるようですがその代表的なものを3つご紹介します。

ギリシャ神話から

ギリシャ神話で結婚や出産、育児などを司る女神ヘラ(英名ではJuno)が6月を守護しているからという説があります。
ヘラの祭礼も6月1日に行われるので、6月に結婚するとヘラの加護で幸せな結婚生活を送ることができると言われています。

気候が良いから

ヨーロッパでは長く厳しい冬が終わり、花が咲き始める時季でもあり、雨が少ないので祭事が行われることが多く結婚式をするのにも適しているのです。

農作業の都合

昔ヨーロッパでは3月~5月は農作業が忙しく、この時期には結婚が禁じられていたので、その時期が終わった6月に挙式をする人が多かったようです。

スポンサーリンク

「たくさんの人から祝福された花嫁は幸せになれる。」という言い伝えもあるそうです。いろいろな意味で6月の結婚はみんなにとって都合がよく幸せな新生活のスタートには最適だったのでしょう。

日本でジューンブライドが広まったのは?

日本では6月は雨が多く、湿度は高く空調も整っていなかったので結婚式をするカップルは少なかったのですが、1967年ごろ、ホテルやプライダル業界が、売上向上のために、西洋のジューンブライドの言い伝えに目をつけて「ヨーロッパではジューンブライドは幸せになれるという言い伝えがありますよ。」と宣伝したのがきっかけでだんだん広まりました。
最初は、あまり効果はなかったようですが、空調を整え、費用も安くすることで、ジューンブライドが浸透してきたようです。

有名人の方々の中でも6月に結婚式をした人は割合多くて、ジューンブライドを意識しているのではないかと思われます。
有名人と一緒にするのはどうかと思いますが、現皇太子殿下、次期天皇陛下御夫妻も6月に結婚されていますから、日本では結婚の時期としては梅雨時の6月を避けるというジンクスは払しょくされたものとも思われます。

まとめ

西洋では、「ジューンブライドは幸せになれる。」と言われています。
ギリシャ神話の伝説や気候や農業の都合で6月が結婚式をするのに最適と考えられていたことが理由のようです。
日本は、6月は梅雨時で結婚式をするのには向かないと思われてきましたが、ホテルやフライダル業界がジューンブライドの言い伝えを宣伝したのがきっかけで6月に挙式をすることが広まったようです。
「たくさんの人に祝福された花嫁は幸せになれる。」というのは本当のような気がしますね。予約が取りやすく、費用も安くなる6月の結婚式もいいのではないでしょうか。

スポンサーリンク