洗濯表示を見て失敗のないお洗濯をしよう

子ども用のセーターを洗濯するときに、ウール100%だったのにも関わらず、洗濯機に放り込んでしまい、おまけに乾燥機にも入れてしまったことがありました。
出てきたセーターはまるでお人形さん用かと思われるくらいに小さく縮んでしまったのを見て、茫然としたことがあります。
洗濯表示を確かめるべきだったと思いましたが、もう後の祭りでした。

この洗濯表示ですが、2016年に大幅に改定されたことにお気付きでしたか。
私のような失敗をしないために、また衣類を清潔で良い状態にしておくためにも、新しい洗濯表示を詳しくご紹介致しましょう。

洗濯表示を読み取ろう

日本では2016年まで、日本工業規格という独自の規定で決められた洗濯表示があり、大まかに四種類ぐらいの図で表されていました。
洗濯機やシャツ、アイロンなどの図を見たことのある人も多いはずです。
しかしグローバル化が進んで世界各国で国際規格への統一化が進められたので、日本も2016年12月から国際規格に合わせた新しい洗濯表示に変わったのです。
旧表示に慣れている人にとってはちょっと戸惑いがあるかもしれませんが、基本を押さえればわりあい簡単です。

新しい表示は「家庭での洗濯の仕方」「漂泊の仕方」「乾燥の仕方」「アイロンのかけ方」「クリーニングの種類」の5つの基本的な記号と「強さ」「温度」「禁止」などの表示の組み合わせになっています。基本的な表示は次のようなものです。

  家庭洗濯 

液温は40度を限度とし、洗濯機で非常に弱い洗濯ができる。下の線は多いほど弱く洗う。手のマークがあると手洗いできる。バツ印は家庭での洗濯は禁止。 
   

  漂泊 

酸素系漂白剤は使用できるが、塩素系の漂白剤は禁止。三角のみなら塩素系及び酸素系の漂白剤を使用して漂泊できる。バツ印は塩素系及び酸素系漂白剤の使用禁止。

  タンブル乾燥
タンブル乾燥禁止。円に点が二つなら、タンブル乾燥ができる。点が一つなら、低い温度でのタンブル乾燥ができる。

  自然乾燥 

日陰のつり干しが良い。縦線1本のみならつり干し、2本ならぬれつり干し、斜めの線に縦線2本なら日陰のぬれつり干しが良い。横線1本は平干し、2本ならぬれ平干しが良い。

スポンサーリンク

  アイロン 

底面温度150度を限度としてアイロン仕上げができる。点が3つなら底面温度200度を限度としてアイロン仕上げができる。点が1つなら底面温度110度を限度としてアイロン仕上げができる。バツ印はアイロン仕上げ禁止。

  ドライクリーニング 

パークロロエチレン及び石油系溶剤によるドライクリーニングができる。Pマークに下線が付くとパークロロエチレン及び石油系溶剤による弱いドライクリーニングができる。Fマークだと石油系溶剤によるドライクリーニングができる。Fマークに下線が付くと石油系溶剤による弱いドライクリーニングができる。バツ印はドライクリーニング禁止。

  ウエットクリーニング 

ウェットクリーニングができる。下に下線が1本は弱い操作によるウェットクリーニングができる。下線が2本は非常に弱いウェットクリーニングができる。バツ印はウェットクリーニング禁止。

迷ったら

洗濯表示を正しく読み取れば、たいてい失敗なくお洗濯ができるはずですが、例えばマークが薄くなってしまったとか、表示自体が取れてしまったという場合はよりデリケートな洗い方をしておけば無難です。
例えば、ウール100%か混紡か疑問の時はウール100%のつもりで、手洗いをして脱水も弱めにかけて広げて干せば問題ありません。

クリーニングに出すべきか迷ったら、まずクリーニングに出した方が安全です。以前裏が付いたカジュアルなジャケットを自宅で洗ったら裏地が縮んで着られなくなったことがありました。クリーニング店の人に尋ねるものも一つの方法です。

逆に自宅で洗濯するのは無理だと思っていたものでも洗えるものもあります。例えば綿の入った半天などは到底自宅では洗えないと思っていましたが、布団屋さんの話ではしつけをすれば手洗いできますとのことで、やってみたらとてもきれいになりました。やはり専門家に聞いてみるのが確実ですね。

まとめ

グローバル社会に合わせて、2016年から洗濯表示が国際規格に変わりました。
新しい洗濯表示は家庭での洗濯の仕方、漂白の仕方、乾燥の仕方、アイロンのかけ方、クリーニングの種類を示す記号で表されています。
この指示通りに洗濯すれば失敗なく仕上げることができます。
もし、迷ったらよりデリケートな方法で洗うか専門家に聞いてみるのがいいようです。

スポンサーリンク