ラッシュガードUV効果?水着の時体型カバーにも!トレンカorレギンス?

これから夏に向かって海やプールなどの水のレジャーの季節ですね。

水のレジャーの悩みと言えば日焼けや水着ではないでしょうか?

日焼けと体型カバーが一緒に解決してしまうラッシュガードについて調べてみました。

スポンサーリンク
  

ラッシュガードUV効果とは?

ラッシュガード普段着にも使えますが、ラッシュガードを着たまま
水に入ることができますので、海水浴やプールには重宝します。

ラッシュガードにはUPFという衣類の紫外線カット効果を表す指数があります。

・15~24→UVカット率85%以上(Good)
・25~39→UVカット率90%(Verdy good)
・40~50→UVカット率95%(Excellent)

の3段階で表します。

絶対に焼きたくない!という人は40~50を選ぶのがおすすめです。

今は飲む日焼け止めというものもあるようですが
飲む日焼け止めはちょっと・・・という方も
ラッシュガードで全身、紫外線から守れます。

私も昨年ラッシュガード初デビューしました。

湖で遊びましたが、湖畔でバーベキューをしたり湖で泳いだり
1日目一杯、遊びましたがラッシュガード様様でほとんど日焼けしませんでした。

1枚あるといいと思います。

水着の時体型カバーにもラッシュガードがおすすめ

私の場合UV効果もそうですがどちらかというと
体型カバーの目的のほうが強かったです。

突然、湖に遊びに行くことになり慌ててラッシュガードを
探すことになりました。

スポンサーリンク

ラッシュガードを持っていると水着が古くても
水着の上にラッシュガードを着てしまえば全然平気で
昔のビキニタイプの水着を下着の代わりにしました。

ラッシュガードを着てしまえば普通に見た目はパーカーにレギンス姿
ですので体型も気にならないです。

そのまま水に入っても水を含んで重くなるということもなく
あって良かったと思いました。

水のレジャーをされる方で日焼けが気になる、体型が気になる
という方はぜひ1枚用意されるといいと思います。

ラッシュガードのトレンカとレギンスはどっちがいいの?

水着用の物であればトレンカでもレギンスでもあまり変わりはありませんので
ご自分の好きなものを選ばれるといいと思います。

履きやすいものを選ぶといいです。

トレンカやレギンスが決まったらトレンカやレギンスの中は水着でOKですが
トレンカやレギンスの上から水泳用のショートパンツなど履くのがおすすめです。

私の場合は水着についていたスカートを履いています。

体型カバーにもなりますのでショートパンツやスカートを履くといいですよ。

まとめ

日焼け対策もできて体型カバーもできちゃう優れもののラッシュガード。

私には夏の必需品になっています。

1度使うとやめられなくなるかもしれません。

ラッシュガードもデザインも豊富になり
おしゃれなものもたくさん出てきました。

あなたのお気に入りを見つけてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク