5月15日はヨーグルトの日。由来や健康効果

気付いていなかった人もいるでしょうが、5月15日はヨーグルトの日です。
乳製品は健康に良いと言われますね。
人によっては乳糖不耐症と言って牛乳を飲むとお腹を壊す場合がありますが、不思議とそういう人でもヨーグルトは大丈夫なことが多いようです。
ある家で、二人兄弟のうちの一人は牛乳を飲み、もう一人がヨーグルトを食べていた兄弟がいましたが、二人とも並み以上に背が高く健康に育ちました。
ですから牛乳もヨーグルトも健康に良いことは間違いないようです。
さてこのヨーグルトですが、どんな効能があるのか、またヨーグルトの日ができた由来は何かちょっと調べてみました。

ヨーグルトの日の由来

1845年5月15日にヨーグルトを研究して、ヨーグルトが健康に良いことを世界中に紹介したロシアの微生物学者のイリヤ・メチニコフ博士が生まれました。
メチニコフ博士はブルガリアに長寿者が多いのは、ヨーグルトに含まれる乳酸菌のためであるということを見つけ出し、1908年には免疫学の研究によりノーベル生理・医学賞を受賞しました。

「ブルガリアヨーグルト」を製造販売している明治乳業株式会社がメチニコフ博士の誕生日の5月15日を「ヨーグルトの日」に決めました。
この日には東京の丸の内ではヨーグルトの魅力を親子で堪能できるスタンプラリーや試食、パネル展示などのイベントを開いています。

日本でプレーンヨーグルトが作られたのは、明治乳業のスタッフが1970年の大阪万国博覧会のブルガリア館で、プレーンヨーグルトの試食をして、あまりの美味しさに驚いて、自社でもこのヨーグルトを開発することにしたのが始めでした。1971年に日本最初のプレーンヨーグルトが発売され、1973年にはプルガリア政府から「ブルガリア」という国名を使う許可を得て、「ブルガリアヨーグルト」として売られることになったのだそうです。

スポンサーリンク

ヨーグルトは健康にいいのでしょうか

栄養と乳酸菌

ヨーグルトは肌に良い、風邪の予防になる、便秘解消になるなど健康に良いとされていますが、その理由はヨーグルトの主材料が牛乳で栄養価が高いことと、発酵食品であるということです。

牛乳はたんぱく質やカルシウム、ビタミンなどがバランスよく含まれていて栄養価が高い食品です。これらの栄養素は体力回復や高血圧の予防、代謝促進にも効果的です。

牛乳が発酵してできたヨーグルトには乳酸菌が豊富に含まれています。
この乳酸菌が腸内の最近のバランスを整え、善玉菌を増やして免疫力をアップさせ、蠕動運動を活発化させるので便秘解消になります。
また花粉症の予防にも効果があります。さらに乳酸菌の一種であるラクトバジルスは胃潰瘍や胃がんの原因になるピロリ菌の働きを抑制します。

またヨーグルトは乳糖の20%~30%が乳酸になっているので、牛乳の苦手な乳糖不耐症の人でも食べられるという利点もあります。
またヨーグルトのたんぱく質や脂質、炭水化物は消化性に優れているので幼児や高齢者のような消化能力の低い人には最適です。

栄養価が高い割には、カロリーは100gあたり62calと低く、ダイエット中の人も安心して食べられるのも嬉しいところです。

まとめ

5月15日はヨーグルトの日です。
これはヨーグルトに含まれる乳酸菌が長寿の原因であるということに気づいたロシアの微生物学者メチニコフ博士の生まれた日にちなみ制定されました。
日本ではブルガリアのヨーグルトの良さを知った乳製品の会社が1971年にプレーンヨーグルトを発売して以来好まれていますが、ヨーグルトは栄養価が高く発酵食品なので乳酸菌が豊富に含まれていて、しかも消化に良いので幼児や高齢者にも向いています。
ヨーグルトは健康に良いというのは確かなようですね。

スポンサーリンク