5月9日はアイスクリームの日!歴史や作って楽しむ方法

5月9日はアイスクリームの日って知っていましたか?

近所のアイスクリームの専門店は、バニラ、抹茶、チョコ、ストロベリー、キャラメル、マンゴー…と種類も豊富で美味しいと評判です。
暖かい日にはお店の外の椅子に腰かけてアイスクリームをほおばっている人もいるほどです。アイスクリームは美味しいので大人も子どもも大好きですね。
ところでこのアイスクリームはいつごろからあったのでしょうか。
5月9日はアイスクリームの日だということを知っていましたか。
ちょっと気になるアイスクリームの日とアイスクリームの歴史について調べてみました。
またアイスクリームは自宅でも簡単に作れますから、その作り方と楽しみ方もご紹介しましょう。

アイスクリームの日と歴史

アイスクリームの日

1964年に東京アイスクリーム協会が連休明けの5月9日に多くに人にアイスクリームを楽しんでもらいたいという願いから、いろいろな施設にアイスクリームをプレゼントしたことから、この日をアイスクリームの日として毎年アイスクリームの会社によるイベントが行われるようになったのだそうです。

アイスクリームの歴史

日本人が初めてアイスクリームを食べたのは幕末にアメリカに派遣された徳川幕府の使節団だったようです。
使節団の一行はあまりの美味しさに驚愕したそうです。

その後、明治になると国内でもアイスクリームが作られるようになりました。
1869年には横浜馬車道で日本最初のアイスクリームが作られ「アイスクリン」と呼ばれ、卵、牛乳、砂糖でできていましたが、大変珍しがられたようです。
次第に民間のレストランやお店でも売られるようになりましたが非常に高価で庶民にとっては高嶺の花でした。
大正時代には大量生産ができるようになり、カップアイスが登場してからは一般家庭でも食べることができるようになりました。
昭和になると、さらにスティックアイス作られ、ますます多くの人が好んで食べるようになり、バラエティに富んだアイスクリームも製造されるようになったわけですね。

スポンサーリンク

アイスクリームを作って食べて楽しもう

アイスクリームが出始めのころは、冷たいものはお腹をこわすとか、子どもには食べさせないほうが良いなどと言われたようですが、現在は衛生的に作られていますし、食べ過ぎなければお腹を悪くすることもないですね。
さらにアイスクリームは栄養価が高いので熱があって食欲がないときにはむしろ口当たりがよく、冷たくてさっぱりするアイスクリームは良いとさえ言われています。
アイスクリームは作るのは難しそうと思っている人もいると思いますが、実は案外簡単に自宅でも作れますので作り方をご紹介します。

バニラアイスクリームの作り方

材料

卵黄 3個分

砂糖 120g

コーンスターチ 小さじ2

塩 一つまみ

牛乳 300㏄

バニラエッセンス 少々

生クリーム 150㏄

作り方

鍋に卵黄を入れてほぐす

牛乳大さじ1を加えてのばす

砂糖、コーンスターチ、塩を入れて良く混ぜる

人肌ぐらいに温めえた牛乳を徐々に加えて混ぜる

このタネを網でこす

鍋を火にかけ中火でゆっくり混ぜながらとろみがつくまで煮る

鍋を火からおろして、ボールに水を張った中に鍋を入れて冷やしながらバニラエッセンスを加える

生クリームを泡立てたものを加えて手早く混ぜて、流し箱に入れて冷凍庫で冷やす

固まり切らないうちに、かき回すと滑らかに仕上がる

自宅で作れば添加物の心配はなく、安価でたくさん作れるので大家族にはおすすめですね。

お好みで、はちみつ、ジャム、果物、抹茶のポーションなどを加えてアレンジすればアイスクリームショップにも負けない美味しいアイスクリームを楽しむことができます。

まとめ

5月9日はアイスクリームの日です。
1964年にアイスクリーム協会が広く多くに人にアイスクリームを食べてもらおうと、いろいろな施設にアイスクリームをプレゼントしたのが始まりです。
日本では、アイスクリームは明治時代から作られましたが、今では誰もが大好きなお菓子ですね。
家庭でも手軽に作れますから、たくさん作って皆さんでアレンジもお楽しみください。

スポンサーリンク