老眼を理解して上手に対処しましょう。症状や対処法について

知り合いの男性は若いころから目が良いのが自慢でした。
クラスメイトの三分の一ぐらいがメガネをかけていた時でも、メガネなどというものには縁のない健康的な毎日を過ごしていました。
事務職だったので、パソコンとにらめっこの日々でしたが、苦労せずにこなすことができました。ところが40歳を過ぎるころから何となく、手元が見づらくなったような気がしていました。でも自分は、目はいい方だからと放置していたのだそうです。
50歳近くになったら小さい字がかすむようになり、遠くを見ると焦点が合わないことに気づいて急いで眼科医に診てもらったところ、「老眼です、それにしてもよくここまで我慢していましたね。」と言われたそうです。
すぐにメガネの処方箋を書いてもらってメガネを作ったら、パッと目の前が明るくなった気がして、もっと早くメガネを作ればよかったのにと思ったそうです。

そこで、この老眼のメカニズムを理解し早めに対処するコツをご説明しましょう。

老眼って何でしょう

目は中にある水晶体というレンズの働きをする部分を吊り下げている毛様体小帯という組織がゆるむと水晶体の厚みが増して、近くの物にピントを合わせています。
ところが年をとると水晶体が固くなり、毛様体小帯がゆるんでも水晶体の厚みを変えることができなくなるために、近くの物にピントを合わせることができなくなって見づらくなるのが老眼です。

老眼の症状

老眼は近くの小さい字が読みづらくなり、近くの物を見ていて急に遠くを見るとピントが合うまでに時間がかかるようになります。
本を読むのに以前よりも目を離さないと見づらい、暗くなると字が読みにくい、手元にあるものを見ていてふと目を上げて外を見るとなんだかぼんやりしているが、次第にはっきりするなどの症状が起きます。

こんな症状に気づいたら、眼科医に診てもらうのがいいですね。平均的には40歳ごろから老眼の症状が出始め、45歳ぐらいからメガネが必要になります。

スポンサーリンク

対処法

老眼は加齢により起こる生理現象なので治すことはできませんが、メガネをかければ支障なく生活できるので、早めに対処しましょう。
老眼なのにメガネをかけずに我慢を続けると眼精疲労が重なって、目や頭が重い、頭痛がする、肩こりがする、食欲がなくなるのなどの症状が出ることがあります。
先の男性が、「よく我慢していましたね。」と言われたのは、体調が悪くても我慢していたからだったのでしょう。

老眼鏡をかけるのは抵抗があるという人もいるでしょうが、最近はおしゃれなデザインでシニアグラスとかリーディンググラスなどという呼び名もあるくらいですから、遠慮はいらないのです。

メガネを作るには

眼科の専門医に診てもらって正確な視力検査を受けて、処方箋をもらってメガネ屋さんへ行って作るのが原則です。
老眼鏡の場合メガネ屋さんに直行して簡単な検査だけでメガネを作ったり、100円ショップで売っているメガネを適当に選んだりする例もありますが、目は左右で視力が違う場合があり、使用目的によってメガネの使い分けが必要となることもあるので、専門家のアドバイスが必要です。
合わない眼鏡は頭痛の原因にもなりかねません。

メガネの種類

老眼のメガネでも、近距離用専門のメガネと、遠近両用のメガネがあります。
読書や手作業をするときだけ使うなら、近距離用のメガネで十分でしょう。かけたり外したりが面倒だという人は多少慣れるのに時間はかかりますが、遠近両用のメガネがいいですね。
また老眼用のコンタクトレンズもありますから、必要に応じて使い分けることもいいでしょう。

まとめ

老眼は加齢により目のレンズである水晶体が固くなることにが、原因で近くを見るのが困難になる状態です。
40代から始まり45歳ぐらいからメガネが必要になります。
手元の物が見にくくなったり、近くを見ていて、急に外を見ると焦点が合わなくなったりするなどの症状があったら、老眼かもしれません。
眼科を受診し、必要ならメガネをかけましょう。老眼を放置して無理に目を使うと体調不良の原因にもなります。
颯爽とシニアグラスをかけて健康的な毎日を過ごしましょう。

スポンサーリンク