アスパラ栄養価はすごい!選び方や上手なゆで方

私の家族はアスパラガスが大好きです、あのシャキッとした食感がいいのですね。でも私はアスパラガスの茹で方にちょっと自信がありません。
時には上手に茹でられるのですが、たまには失敗して筋張ってしまうことや、茹で過ぎてくたくたになることもあるので、お店にアスパラガスが並んでいても買おうかやめようか躊躇してしまうのです。
でも最近アスパラガスには万能ともいえる栄養価があることが分かったので、躊躇している場合ではなかったことに気が付きました。
そこで、アスパラガスの素晴らしい効能をご紹介すると共に、アスパラガスの上手な茹で方をおさらいしてみたいと思います。

アスパラガスの栄養価はすごい

アスパラガスはグリーンアスパラガスとホワイトアスパラガス、それに最近では紫アスパラガスがありますが、共通して含まれているのは

ビタミンA、ビタミンB1、B2、ビタミンC、ビタミンE、カリウム、カルシウム、鉄、食物繊維です。これらは人が健康に生活するのに必要な物ばかりですが、さらに美容や美肌にも効果的なのが嬉しいところです。

アスパラギン酸

さらに注目されるのは、アスパラギン酸です。
このアスパラギン酸はアスパラガスにたくさん含まれているのでこの名前が付いたほどです。アスパラギン酸はアミノ酸の一種で、うまみ成分でもあり、とても大切な栄養素なのです。
アスパラギン酸は人の体内でも作ることができますが、年齢と共に作られる量が減るために食事で摂ることが必要です。
このアスパラギン酸には次のような効能があります。

利尿作用

体の中の毒素を尿と共に排出する働きがあります。
利尿作用によって体の中から余分な水分が出されるのでむくみを解消できます。

美肌効果

新陳代謝をスムーズにし、体内の水分バランスを整える作用があるので、お肌を乾燥から守り、保湿効果もあるので美肌作りになるわけです。

スポンサーリンク

疲労回復

アスパラギン酸は疲労の原因になる乳酸を分解する作用があります。その結果疲労回復の効果が期待できるのです。実験でもアスパラガスを食べると早く疲労回復できることが分かっています。

サルササポゲニングリコシド

アスパラガスに含まれるサルササポゲニングリコシドといる成分は免疫力アップ、抗菌作用、抗ウイルス作用、抗腫瘍作用もあります。
免疫力が高まると風邪をひきにくくなる、アレルギーにも強くなる、がんや生活習慣病のリスクを減らせる、自己免疫系の病気にかかりにくくなるなどいいことずくめです。

アスパラガスの上手な茹で方

グリーンアスパラの場合は、濃い緑色で新鮮で全体がみずみずしくはりのあり、茎は太めで穂先が固くしまって真っすぐなものを選んで買いましょう。そして次のような手順で茹でれば失敗なく仕上がります。

硬い繊維を取り除く

手でアスパラの根元部分をしならせてポキンと折れるところがありますが、それより下は繊維が固いので取り除きます。

ハカマを取り除く

旬の柔らかいアスパラ以外は根元付近の皮をむき、茎についているハカマを取り除きます。

茹でる

切らずに茹でる場合はお湯に根元部分を入れ一呼吸おいてから全体を入れて茹でます。

切ってから茹でる場合は、固い根元部分を先に、穂先は後から入れて茹でます。
こうすると根元も穂先も程よい茹で加減にすることができます。

茹であがったらすぐに冷水に入れ、冷えたら水気をしっかり切ると色鮮やかでしかも歯ごたえのある良い状態に仕上がります。

まとめ

アスパラガスはアスパラギン酸に代表される栄養成分が豊富に含まれていて、健康にも美容にも効果は抜群です。
濃い緑色の新鮮なアスパラガスを選んで、上手に茹でてそのシャキシャキとした口当たりと美味しさをお楽しみください。

スポンサーリンク