母の日の由来とお祝いの仕方は?

5月になると花屋さんにはたくさんのきれいなカーネーションが並んで、母の日が近づいたことに気が付きますね。赤いカーネーションは素敵ですから、花好きのお母さんたちはきっと喜ぶでしょう。

ところで5月の第2日曜日は母の日ですが、この日にお母さんにカーネーションを贈るという習慣はいつから始まったかご存知ですか。
母の日の由来と、母の日の贈り物はどうするのが適当かを考えてみました。

母の日の由来

母の日は100年ほど前に、アメリカのウェストヴァージニア州でアンナ・ジャービスという女性が亡き母を追悼するために、1908年5月10日にフィラデルフィアの教会で赤いカーネーションを配ったのが始まりだと言われています。
その後、アメリカ全土にこの習慣が広まり、1914年に5月の第二日曜日を母の日としたのだそうです。

日本では1915年に初めて教会でお祝いの行事が行われ、だんだん民間でも行われるようになりました。母の日は「日ごろのお母さんの苦労をねぎらい、感謝を表す日」となりました。

お祝いを贈るなら

カーネーションや花

お母さんに感謝の気持ちを表わすのに、まず最初に思いつくのはもちろんカーネーションですね。花屋さんに行けば鉢植えや切り花、花束など様々のカーネーションが並んでいます。
最近は花屋さんまで行かなくてもインターネットで頼んでおけば母の日に合わせてカーネーションを配達してもらうこともできますね。
予算に合わせて花を選んで贈るのはいいでしょう。

ただカーネーションの鉢物は選び方も重要で、あまりこんもりとつぼみがたくさんついている立派なものはつぼみが開花しないものが多いのでむしろ枝がすっきりしていて風通しの良いもののほうが長持ちするようです。

毎年カーネーションでは工夫がないと思う人はお母さんの好きそうな別の花でも喜ばれるでしょう。
草花の手入れが苦手なお母さんにはプリザーブドフラワーなどもいいかもしれません。何が何でもカーネーションにこだわる必要はないでしょう。

スポンサーリンク

花以外のもの

お母さんが和菓子好きならば、一回分ぐらいの和菓子の小箱もいいですね。
もちろん家族が多い場合には詰め合わせのようなものでもいいでしょう。
洋菓子が好きならばケーキやクッキーも喜ばれるでしょう。

食べ物以外

すぐに使えるハンカチやタオル、エプロンや日傘などもいいでしょう。
マグカップや湯のみ茶わんなども気がきいていますね。
手荒れを気にしているお母さんならばハンドクリームもいいですね。

贈り物を捜す場合は立派な物よりむしろ使えそうなちょっとした気の利いた贈り物のほうが、お母さんが気兼ねせずに受け取れていいように思いす。
「こんなに立派な贈り物をもらってしまっては、子どもたちの今夜の夕食はお粗末になってしまったのでは?」などと余計な心配をさせないほうがいいのではないでしょうか。

贈り物を郵送するなら、「いつもありがとう」とか「体に気を付けてね」などというカードが添えてあると、もらったお母さんは嬉しいはずです。

贈り物をしなくても

お金をかけて贈り物を用意しなくても、母の日ぐらいはお母さんに休んでもらうために、掃除を引き受けるとか、お昼ご飯を作ってあげるのも、感謝の気持ちを伝える良い方法です。
小学生のお子さんが母の日にママの布団を干してあげてとても喜ばれたという例もありました。

遠くに住んでいる場合は、電話で近況を報告しあうのも嬉しいものです。
家族写真をメールで送るのもいいアイディアですね。

まとめ

母の日はアメリカで始まり、お母さんの日ごろの苦労をねぎらい、感謝する日です。
カーネーションをはじめ、ちょっとしたお菓子や贈り物をするのもいいですね。
お金をかけなくてもお手伝いや電話でもお母さんを喜ばせることはできます。
それぞれが工夫してお母さんに感謝の気持ちを表わせたらいいですね。

スポンサーリンク