5月病は誰でもかかるかも?原因と対策は?

春は進学や進級、就職の季節ですね。4月に念願の新しい学校や職場に行き始めたフレッシュマンたちは、もう大張り切りで新しい学校や職場に慣れるために頑張るでしょう。
でも張り切り過ぎて少し疲気味、5月の連休のあたりにはだいぶ体調が悪くなる人もいるようです。食欲がないとか、体がだるくて元気が出ないなどという人もいますよね。
これはいわゆる5月病といわれるものかもしれません。現代はストレスが多い社会なので、誰でも5月病になる可能性はあるようです。
ですからこの5月病についてよく知り、対処の方法を覚えておくのは誰にとっても大事なことでしょう。
ここでその症状や原因と対策をご紹介しましょう。

5月病の症状と原因

5月病とは新人社員や大学の新入生などが、新しい環境に適応できずに起こる精神的な症状です。やる気が出ない、不安感がある、焦りやイライラ、よく眠れない、疲労感ある、食欲がない、人と会うのが億劫になるなどの症状が現れます。
特にゴールデンウィーク明けごろから不調に陥ることが多いようです。

原因は春に生活環境が大きく変化したために新しい生活や環境に慣れるのが難しく、ストレスがたまることにあるようです。

5月病は誰でもかかる可能性はありますが、特に几帳面で責任感の強い人は頑張り過ぎてしまうので、5月病にかかりやすいと言われています。

5月病の対策

五月病かなと思ったら次のようなことを心掛けて早めに回復を目指したいものです。

誰かと話をする

家族でも、新しい友達でも、以前からの知り合いでもいいからできるだけ人と交流して、困っていることなどを話して、ストレスを発散させましょう。
精神科のお医者さんも「心の病には会話は一番のお薬です。」と言っています。
話を聞いてもらえるだけで気持ちが楽になることがありますし、「そんなことは誰でもあることだよ。」と同感してもらいえるかもしれません。
「こんな解決策もあるよ。」とアドバイスをもらえることもあります。
直接会って話すのが一番ですが、無理ならば電話でもいいからぜひ誰かと話をしましょう。
一人で抱え込まないことはとても大事です。

スポンサーリンク

軽い運動や読書や音楽を聞くなどの趣味を持つ

家に閉じこもっていては、気分も晴れないことが多いものです。
ちょっと外へ出て15分程度でもウオーキングするのは気分転換になります。
人間はそもそも活動するようにできているので、うつ状態の青年が北海道の農園に手伝いに行ったらすっかりよくなったという事例もあるように、体を動かすことは心の健康にはとても良いのです。
運動だけではなく、自分の好きなこと、例えば読書をする、好きな音楽を聞くなどもいいですね。
食べ過ぎは困りますが、時には美味しいコーヒーを飲みに行く、友達と食事をするのもいいでしょう。
とにかく好きなことや、気分転換になりそうなことをするのは効果的ですね。

栄養バランスのとれた食事をする

忘れてならないのは主食、主菜、副采のバランスのとれた食事をとることです。
偏った食事を続けると栄養不足になり感情をコントロールする「セロトニン」が不足して気分が落ち込む原因になります。

良質な睡眠をとる

睡眠は疲労回復のために重要です。
良質な睡眠をとるためには、起きる時間と寝る時間を決めて生活のリズムを保つことが必要です。
そのためにも寝る前にはテレビやパソコンを消して、リラックスすることも大事です。
また休日も多少いつもより遅くまで寝ているのはいいですが、あまりリズムを崩したくないところです。

大学の保健センターを利用する、会社の産業医に相談する

最近は大学には学生のために保健センターがありますから、体調が悪いけれどもお医者さんに行くほどではない、あるいはどのお医者さんがいいのかわからないときには、このセンターへ行って相談するのがいいです。
学生のために適切な診察や助言をしてくれます。

働いている人なら会社の産業医に相談するという方法もあります。
専門家の助言をいただくことはとても役に立ちます。

まとめ

5月病は新しい学校に進学したり、新しい職場に就職したりした人たちが、新しい環境に適応するのが難しくて、ちょうど5月の連休のころストレスのために体調を崩す精神的な症状です。

一人で抱え込まないで誰かと話をする、運動や趣味で気分転換をはかる、栄養バランスの良い食事や良質な睡眠をとるなどすると回復する場合が多いようですが、心配な時は大学の保健センターや会社の産業医に相談するのも良い方法ですね。

早めに対策をして、5月病から元気回復へ向かいたいものですね。

スポンサーリンク