鯉のぼりは定番にこだわらないで楽しみましょう!歴史や楽しみ方

「屋根より高い鯉のぼり…」というなつかしい童謡が聞こえて来る5月には、家々に大小さまざまな鯉のぼりが飾られていますね。
幼稚園や保育園の子どもたちは、自分で作ったかわいらしい鯉のぼりをもって帰って来る姿が見られて、ほのぼのとした気持ちになります。
最近は住宅事情から、大きな鯉のぼりを掲げる家は減りましたが、もとはといえば、子どもの健康と成長を願うものだったのですね。
男の子が生まれたけれど、初節句をどうしようか迷っているご家庭もあるかもしれません。
そこで、鯉のぼりの歴史と意味を調べて、その楽しみ方を考えてみました。

鯉のぼりの歴史と意味

鯉のぼりの歴史

中国に故事に「流れの急な滝(竜門の滝)を登り切った鯉が竜となって、天に登った」という伝説があります。これにちなんで、鯉の滝登りが立身出世の象徴になったと言われています。

江戸時代には武家に男の子が生まれると、家紋の入ったのぼりを立てて祝ったそうです。
江戸中期になると町人が力をつけて、中国の故事にちなんで「どんな環境にも耐えて、立派に成長するように」と立身出世を願って鯉のぼりを飾るようになったそうです。
武家に対抗するという意味もあったのですね。

意味は

鯉のぼりは、最初は黒い鯉だけだったのだそうですが、次第に黒い鯉がお父さん、赤い鯉がお母さん、青い鯉が子どもを表わすようになり、現在は子どもの分で緑や紫、ピンクなどの鯉を足している家もあるようです。

鯉のぼりを立てる時は一番上に矢車という車輪のような飾りがついていますが、これは風に吹かれるとカラカラ音がして、神様が下りてくるときの目印になるのだそうです。

またそのすぐ下についている五色のヒラヒラしたものは吹き流しで中国伝来の「五行説」にちなんで青が木、赤が火、黄が土、白が金、黒が水を表わしていて、魔よけとして子どもを守るという願いが込められているのです。

家庭に合わせた鯉のぼりの楽しみ方

誰が用意するか

男の子の初節句に、鯉のぼりを飾ることが一般的ですが、誰が買うかは決まっていないようです。孫が生まれて喜んでいる祖父母が買って贈る場合が多いようですが、祖父母が兜を贈ってくれるから、鯉のぼりは両親が買う場合もありますし、お父さんの立派な鯉のぼりがあるからそれを出してきてお子さんのために飾る家もあるようです。
お父さんも親しんだ鯉のぼりもいいものですね。

スポンサーリンク

どんなものを選ぶか

買っていただくにしても、自分たちで買うにしても、住宅事情に合ったものを買いたいですね。戸建てで庭も広い家なら、昔ながらの屋外用の大きな鯉のぼりを飾れるでしょう。
でもマンションに住んでいる場合は、ベランダや出窓に飾る小型の鯉のぼりがいいですね。
孫のために大張り切りのおじいちゃんやおばあちゃんが立派な鯉のぼりを贈りたいと申し出られることもありますが、自宅の状況を説明してその家にちょうど良いサイズの物にしてくれるようにお願いするのがいいでしょう。

楽しみ方は

鯉のぼりはどうしても買わなくてはいけないわけではありませんが、買っていただいたら、また自宅にあるならば、ぜひ五月の空に泳いでいるのを見て楽しみたいですね。部屋の中に

子さんの手作りのミニ鯉のぼりを飾っても素敵ですよね。

以前男の子が生まれ、家には立派な鯉のぼりがあるのに、それを飾らないお父さんがいました。親戚の人が「どうして鯉のぼりを飾らないのですか。」と聞いたら、「お隣の家には立て続けに女の子が三人生まれて、男の子を欲しがっているお父さんは残念がっているでしょう。それなのに私が鯉のぼりを掲げたら、いかにもうちには男の子がいますよと自慢しているみたいで悪いじゃないですか。」という返事でした。
そんな気遣いができる人のお子さんは鯉のぼりがなくても、立派な良い子に育つでしょう。

またある自治体では、家で飾らなくなった鯉のぼりを寄付してもらったところ、相当の数の鯉のぼりが集まり、それを川岸いっぱいに飾ったところ、近くの住人の方々がとても喜び、新たな観光名物になっているところもあります。
自分の家に男の子がいなくても、こんな鯉のぼりの楽しみ方もあるのですね。

まとめ

鯉のぼりは男の子の健やかな成長を願って、急流にも強い鯉をかたどったものを飾ったのが始まりのようです。
現在は住宅事情もあるので、外に立派な鯉のぼりを立てるのは無理な場合もありますから、マンション用のミニサイズの鯉のぼりを飾ったり、室内で手作りの鯉のぼりを飾ったりするのもいいでしょう。
自宅になくても川岸に並んだ鯉のぼりを見るのも楽しいものですね。

スポンサーリンク