酸っぱいだけじゃないレモンの効果と美味しい食べ方

我が家はポストハーベストが心配なので、柑橘類は国産の物を食べるようにしていますが、レモンは暖かい所を好むせいか、国内では生産される地域が少ないらしいですね。
国産のレモンはたいてい品薄でスーパーに行っても、棚に国産のレモンがないときがあります。
それならあきらめるしかないかなとも思うのですが、レモンは飲み物やお料理、お菓子作りに使いたいし、何よりもほかの果物にはない効能があることが分かったので、ぜひ毎日の食生活に生かしたいと思うようになりました。
そこでこのレモンの栄養と効果、そして選び方や美味しい食べ方をご説明しましょう。

レモンの栄養と効果

レモンの栄養

レモンにはたくさんの栄養が含まれています。

ビタミンC

レモン100gに100mgのビタミンCが含まれていて、柑橘類の中でも群を抜いています。
ビタミンCはコラーゲンの生成を促し、メラニン色素の生成を防ぎます。また免疫力を高め、ストレス解消に役立ちます。
また強力な抗酸化作用があり、お肌をきれいに保ちます。

ポリフェノール

抗酸化作用があり、コレステロールの上昇を抑える働きもあります。
また中性脂肪を減らすことも期待されています。

クエン酸

レモンに含まれるクエン酸はミネラルの吸収を促し、疲労回復に効果があるそうです。

カリウム

カリウムは老廃物や余分な塩分を排出させる効果があり、むくみをとるにもいいようです。

リモネン

レモンに含まれる香りの成分です。リモネンの香りを嗅ぐと脳内にあるα波が出るのでリラックスできます。
また代謝を良くする働きもあります。

レモンの効果

美白効果

ビタミンCはメラニン色素を減らす効果や抗酸化作用があり、シミやそばかすを防いで美肌を保つ効果があります。
私は非常に肌が弱くて、皮膚科のお医者さんにビタミン剤を飲むように言われて、ビタミンCとBを飲んでいた時期がありましたが、確かにシミはきれいになりました。
レモンのような食品として食べるならなおいいですよね。

スポンサーリンク

デトックス効果

レモンに含まれているクエン酸が肝臓の細胞の再生を促し、解毒作用を助ける働きがあります。
また肝臓の機能を向上させる効果も期待できます。

生活習慣病の予防

ポリフェノールに血圧やコレステロールの上昇を抑える働きがあるので、高血圧や動脈硬化などの生活習慣病の予防に役立ちます。
毎日レモンを1/3食べた人は血圧が低くなったという報告もあるそうです。

体内時計をリセットする

レモンに含まれるリモネンは交感神経を刺激して体内時計をリセットしてくれるので、朝が辛い人には効果的です。

疲労回復効果

クエン酸を摂ると体の疲労回復や精神疲労の回復につながります。

リフレッシュ効果

リモネンは気分をすっきりさせるリフレッシュ効果があり、ストレス解消にもつながります。

レモンの選び方と美味しい食べ方

選び方

皮につやがあり、弾力があってずっしりと重いものがいいですね。
皮も食べる場合は国産の無農薬のレモンを選ぶのが安全でしょう。

食べ方

飲み物として 

レモンを絞って、蜂蜜レモン、レモンスカッシュ、レモンティーにして飲むのは簡単でいいですね。

料理として 

レモンクリームパスタに加える、鮭のムニエルレモン添にして香りづけにする、たかべのレモン焼きに使って臭みを取るのもいいでしょう。

お菓子として 

レモンケーキ、スフレ、レモンクッキーなどに入れて焼くこともできます。

保存用には

レモンがたくさんあるときにはレモンマーマレードジャムやレモンのはちみつ漬けにすれば長期保存ができます。

まとめ

レモンは酸っぱいだけではなく、ビタミンCやクエン酸などたくさんの栄養が含まれていています。美白効果が高く、健康増進にも効果的なので、レモンを飲み物としてお料理やお菓子の食材として大いに使いたいものですね。

スポンサーリンク