ダイエットにもなる炭酸水を美味しく飲もう

人間の体は60%が水でできているのは皆さんご存知のことでしょう。
水が足りなくなると脱水症状になり、命の危険もあるわけですね。
ですから、1日に1.5リットル以上は水を飲みましょうと言われるわけです。
でもこれを達成するのはなかなか大変です。特にお年寄りは水を飲みたがらないので、介護施設の職員さんは入居者のお年寄りに「水を飲みましょう、お茶でもいいから飲みましょう。」と勧めるのですが、思うようには飲んでくれないようです。
高齢者でなくても、水分を摂らなくてはならないのは同じでが、最近は若い人たちの間では炭酸水がいいという人がいて、良く売れているそうです。
炭酸水は口当たりがよくて、ちょっと満腹感もあってダイエットにもいいと言われますが、果たして健康の面から見ると問題はないのでしょうか。
上手な飲み方も知りたいですよね。そのあたりのことを調べてご紹介しましょう。

炭酸水のメリットとデメリット

メリット

いつもの水では単調で飲めないという人にも口当たりの良い炭酸水なら飲みやすいですね。

炭酸水は炭酸ガスを含んでいるので、普通の水を飲んだ時よりも満腹感があり、食べ過ぎ予防のダイエットに適しています。

炭酸によって腸のせん動運動が促進され、便秘の改善が期待できます。

二酸化炭素である炭酸が体内で酸素欠乏状態を作り出し、その回復にために血流が増えて血行が良くなります。

血流が良くなるので老廃物が運び出されて栄養がいきわたり細胞が活性化して美肌につながります。

デメリット

炭酸水を飲むとげっぷが出やすくなるので、胃酸が逆流する人には向きません。過敏性腸症候群や胃潰瘍のある人は控えた方が良いようです。

運動するときの水分補給は普通の場合と違い、より多くの水分が必要になるので炭酸水よりも普通の水のほうが適しています。

スポンサーリンク

そのほかにも炭酸水には問題があると言わることがあります。
たとえばコーラは骨密度を減らすと言われますが、コーラにはカルシウムの吸収を減らすリン酸が含まれているためで、単なる炭酸水なら飲んでも骨密度が減ることはないそうです。
また塩分が過多になるという説もありますが、実際には炭酸水には微量のナトリウムが含まれていますが、問題にはならない量です。
炭酸水は酸性なので歯のエナメル質を溶かすのではないかと懸念されていますが、炭酸水は水よりもわずかに酸性度が高いもののエナメル質を溶かすほどではないという研究報告があるので、この点についても心配はいらないようです。

炭酸水の楽しみ方

炭酸水を飲んでも問題はないことが分かったからには、ぜひ炭酸水を美味しく飲みたいものですね。美味しい飲み方の例をご紹介します。

ダイエットが目的の場合

食前に常温の炭酸水を500ml飲むのがいいです。
少しだけだとかえって食欲が増してダイエットの目的が達せられません。
またあまり多すぎても良くないので適量を守りましょう。

美味しく飲むには

酢で割る方法は手軽にできます。
酢にはもともと疲労回復や美肌の効果がありまから炭酸水で割ることで飲みやすくなり、一石二鳥です。

水出し用の紅茶やミントティー、フレイバーティーで割って飲むのも美味しいです。
夏の暑い時期にはさっぱりとして飲みやすいです。

リンゴやグレープフルーツ、レモンなどの果汁やシロップで割って飲むのも美味しくていいでしょう。

まとめ

炭酸水はダイエットや健康増進に役立ちます。
そのままででも酢や紅茶、果汁で割って飲むのもいいですね。
水分補給のためにも口当たりの良い炭酸水はおすすめです。
ただしげっぷが出やすくなるので、胃酸が逆流しやすい人には向かないので注意してください。

炭酸水はその特徴を知って、美味しく飲みたいものですね。

スポンサーリンク