卒業祝いと入学祝いは両方贈るべきでしょうか?相場や贈る時期について

春になると子どもたちはそれぞれ進級し卒業や入学を迎えます。
親戚や親しいお子さんなら是非卒業をお祝いし、新しい生活を応援したくなりますね。

ところで、たいていのお子さんは3月に卒業すると、4月には入学することになるので、両方をお祝いすべきなのでしょうか、お祝いを贈る時期や相場はどのくらいかちょっと悩むこともあります。そこでお祝いを贈る時期や最近のお祝いの相場について調べてみました。

卒業祝いと入学祝いは両方贈るべきでしょうか

かなりの子どもたちは卒業すると次には上級学校に入学するので、卒業祝いと入学祝いをすることになりますが、どちらか一つを選ぶとすれば入学祝いを優先するのがいいようです。
非常に親しくしている親戚や近所のお子さんで両方お祝いしてあげたいと思う人は両方お祝いしても良いですし、すでに自分の子どもが両方のお祝いをいただいている場合は、むしろ両方を贈る方が良いかもしれません。

難しいのは高校を卒業するお子さんで、どこかの大学なり専門学校なりに進学が決まっていることが分かれば、卒業祝いでも入学祝いでも躊躇せずに贈れるのですが、合格したか分からない、または浪人することになったかもしれない場合は、卒業祝いとして贈るのが賢明でしょう。

以前、親しい人の息子さんが高校を卒業したときに、たぶん進学したものと思い、通学に使ってもらおうと思って贈り物として新しい定期入れを買い、一応「卒業祝いね。」と言って差し上げました。
すると「ありがとうございます。来年、これを使って通うような大学に入れるように頑張ります。」と言われてしまって冷や汗をかいたことがありました。

大学を卒業しても思わしい就職先が決まらずに就職浪人せざるを得ない場合もあるでしょう。そのような場合は、励ます意味で卒業祝いを贈ってあげたいですね。

スポンサーリンク

贈る時期と相場

卒業祝いや入学祝はおめでたいことですから、早めに用意して渡してあげたいものですね。

早くても問題はありませんが卒業や入学の2週間ぐらい前、遅くとも1週間前までには贈りたいものです。もし時期を逃してしまってもお祝いをしたければ、「遅れてごめんなさいね」と一言付け加えるのが適当でしょう。

卒業祝いや入学祝の相場は次の通りです。

祖父母 10000円~50000円

おじ・おば 10000円

その他の親戚 5000円

親の友人知人 5000円

現金を贈ることが多いようですが、商品券や図書カード、ギフトカードの場合もあります。品物でもいいわけですが、文房具などは学校の指定がある場合もあり、すでに買い揃えているかもしれないので、いくつあっても使えるハンカチやタオル、靴下、自由帳などの消耗品が無難でしょう。
中学生以上ならば好みもあるので、やはり現金や図書カードのようなものの方が喜ばれるようですね。

卒業や入学祝にはお返しはしないのが普通なのでもらった人が負担にならない程度の贈り物にしたいものですね。
また親戚が多い場合や贈る人が若い人の場合には無理せずにできる範囲でちょっとしたお菓子を届けるとか、お祝いのカードを送るなどでもいいと思います。

かつて子どもの卒園式の日に手作りのクッキーを届けてくださった方がいましたが、本当に嬉しかったですね。心からお祝いしたいという気持ちが伝わるのが一番です。

まとめ

卒業祝いや入学祝はお祝いの気持ちを表すものですから、両方贈ってもいいし、どちらか一方にしたければ入学祝を贈るのがいいですね。
時期は早めに、遅くても1週間前には届けたいものです。
相場は立場によっていろいろですが、もらった人の負担にならない程度で構いません。
新しいスタートの季節にはそれぞれの門出をできる範囲で喜んでお祝いしたいものですね。

スポンサーリンク