優先順位を決めて効率良く家事をしましょう

家事って案外大変ですよね。やってもやってもきりがないし、有給休暇もないし、定年もない。でもあるベテラン主婦の方は「主婦は会社の社長さんのようなものですよ。予定を立てるのは私で、いつ何をするか指図する人はいないから何でも一人で決められるのよ。
しかも家族が健康的で楽しい暮らしをするのに役に立てるでしょ。定年もないから元気ならいつまでも働けて、ずっと社長さんでいられるわけですよ。」と言っていました。
なるほどそう思えばやりがいのある仕事とも思えますね。
でも使える時間には限りがあります。
働いている主婦の方ならなおさら短い時間に家事をテキパキと片付けるには、優先順位を決めてどうしてもやらなくてはいけないことを先にやり、効率的に家事をしたいものです。
そこでお子さんもいる一般的な家庭を想定し、優先順位を決めて家事に取り組むコツをご紹介しましょう。

家事の優先順位は?

家事は炊事、掃除、洗濯などがありますが、一番重要なのはやはり食事作りでしょう。
何はなくても食事の支度だけは毎日欠かせませんね、また健康管理の面でも食事は重要です。ある働く主婦の方は「掃除や洗濯は誰がやっても同じだから親戚の人に頼んでやってもらっているけれども、食事は家族の健康のために大事だから自分でやっています。」と言っていました。本当にそうですね。
やはり食事作りは最優先にしたいものです。

次は洗濯でしょうか、洗濯は毎日でなくて2~3日おきでもいいわけですが、とにかく汚れたものを着ていては不潔になるし、あまり洗濯物をためるとカビが生えたり汚れが取れなくなったりするので、最低でも1週間に1度ぐらいは洗濯も必要ですね。

掃除はしなくても暮らせないわけではないですね。
「人間ゴミでは死なない。」などと言う人もいますが、健康を考えれば、ゴミだらけの家に住んでいてはアレルギーが起こるかもしれません。
やはり清潔な住まいは大事ですね。

そのほかにも買い物や庭の手入れなど、やることはたくさんありますが、まずは基本の食事作り、洗濯、掃除という優先順位の高いものから効率よく家事をこなすことを考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

具体的には

食事作り

バランスの良い美味しい食事は家族の健康やだんらんのために最も重要ですね。
でも1日に3回となると食事作りは大変です。体調が思わしくないときもあるでしょう。
そこで最優先にしたい食事作りは、できる時に保存食をたくさん作り、または冷凍できるおかずを用意しておくのが効率的です。
1日に3回食事作りをするのに1時間ずつかかるとすると、毎日3時間はお料理をすることになりますが、きんぴら、サラダ、おひたし、酢の物などの副菜を多めに作っておいて、ミートローフや餃子、シューマイ、ゆで豚、ハンバーグなどの主菜を冷凍しておくならば、ご飯を炊く以外には15分~20分の短時間で夕食を用意することも可能です。

洗濯

洗濯は2~3日に1回でも良いわけですが、そのためには肌着や靴下、ハンカチなどは5~6組は用意して、何日も同じ肌着を着続けることのないようにしたいですね。
アイロンかけも手間がかかるので、ワイシャツは7枚用意して1週間に1度まとめてアイロンかけをしている主婦もいますが、いい方法ですね。
さらに働く忙しい人ならば洗濯機のタイマーを使って夜のうちにセットしておいて、朝には洗い終わっているようにすれば、あわただしい朝にも洗濯物を干すだけで、出かけることができます。

掃除

掃除は、優先順位は低いもののやっぱりきれいな部屋のほうが健康的ですね。
そこで掃除についてはまとめて一気にやるよりは、ちょこちょことミニ掃除をするのがおすすめです。
トイレを使ったら、便器をタワシでこすっておく、濡れティシュを置いて気付いた時に便座を拭いておく、濡れたタオルはすぐに取り換えておくなどの手入れをしておけば1か月に1度の本格的な掃除だけでトイレはきれいにしておけます。
お風呂場も最後に入った人がスポンジで床や浴槽をさっとこすってお湯をかけておくだけでも、カビの発生を防ぎ、汚れも付きにくくなります。
台所の床もゴミが落ちていたら箒と塵取りできれいにし、レンジ台も使ったら布巾で一拭きしておけば、こびりつき汚れも防止できます。
これらの作業はどれも5分ぐらいでできるので、負担になることもないと思います。
さあやるぞと掃除にとりかからなくても無理なく家をきれいにできたらいいですね。

まとめ

やはり家事は優先順位を決めて、手際よく進めたいものです。
食事作りはまとめて作り置き総菜や冷凍した主菜を用意しましょう。
そうすれば短時間でも美味しい食事の用意ができます。洗濯はできるだけため込まず、タイマーなども使って効率良く仕上げます。本格的な掃除はときどきでも、日々のミニ掃除で家の中をきれいにしておけたらいいのではないでしょうか。

スポンサーリンク