カルキ汚れを落としてクリーンライフ

ある高齢の主婦の方がお風呂場、トイレ、台所などの水回りにつく白い汚れが取れないことを気にして、「私は最近力がなくなってしまって、水回りの汚れを落とせなくなってしまった。」と嘆いていました。
実はその白い汚れはカルキの汚れで、若い人が思い切りこすってもなかなか落とせないものです。
まして高齢者の方がこすったぐらいでは落とせない汚れなのです。
でもカルキ汚れと分かれば、簡単にきれいにする方法があるので、カルキの汚れの正体とその対策をご紹介しましょう。

カルキ汚れとは

カルキは水道水に含まれるミネラルのうちカルシウムが蓄積してできた白っぽい汚れのことです。シンクやポット、お風呂場やトイレの水道水が蒸発してカルシウムだけが残るところによくカルキ汚れができます。

カビと違って人体に付いても害はありませんが、先の高齢主婦のように汚れを気にする人にとっては厄介なものです。

害はないからといって放置するとどんどんカルキ汚れが蓄積して、時間がたつとますます固くなり、スポンジでこすったぐらいでは落とせなくなるので困ります。
ですからカルキ汚れは気付いたらすぐに対処する必要があるわけですね。

カルキ汚れの落とし方

メラミンスポンジやアクリルタワシで落とす

付いたばかりのカルキ汚れは水を含ませたメラミンスポンジで軽くこするとたいていはきれいにすることができます。
蛇口、シンク、やかん、お風呂場などのカルキ落としには有効です。後でと思っているといつの間にか忘れてしまって、カルキががっちり固まってしまうので、いつも各所にメラミンスポンジを置いて、見つけ次第にこすっておくことがコツです。
メラミンスポンジほどではありませんがアクリルタワシも有効です。
メラミンスポンジはすぐに小さくなりますが、アクリルタワシならば繰り返し使えるので経済的で、しかも野菜や花の形のタワシなら台所や洗面所にかけておいても、かわいらしくて汚れ落としの感じがしないのもいいですね。

スポンサーリンク

クエン酸

クエン酸はアルカリ性の汚れ落としにはとても役に立ちます。
カルシウムや石鹸カスはアルカリ性の汚れですから、酸性のクエン酸を使うと汚れを中和してきれいにしてくれます。
クエン酸は万一口に入っても害がないので安心して使えます。

使い方

水200㏄につきクエン酸小さじ1を混ぜてクエン酸水を作りスプレーボトルに入れる。
汚れに直接スプレーするか、布やスポンジに含ませて汚れをこするとたいていのカルキ汚れを落とすことができます。
なおしつこい汚れにはペーパータオルにクエン酸水をしみ込ませて汚れにかぶせて1時間ぐらい放置してからスポンジでこするとピカピカになります。

加湿器の掃除には

タンクいっぱいにクエン酸水を入れて通常モードで1時間ほど加熱してからクエン酸水を捨てて、水ですすぐと本体とタンクがきれいになります。

ポットややかん掃除には

ポットの底にカルキ汚れが付いた時にはお湯を少し入れて沸騰させ、クエン酸を入れて一晩放置して、翌日水を捨ててからスポンジで洗うと元通りにきれいになります。
やかんもお湯を沸かしてからクエン酸を入れて一晩放置してから洗います。

お風呂場やトイレの掃除には

お風呂場やトイレの水回りにはクエン酸スプレーを吹きかけてからスポンジやトイレ用ブラシでこすればきれいになります。
しつこい汚れにはペーパータオルにしみ込ませて使います。

こんなに役立つクエン酸ですが、塩素系漂白剤と一緒に使うと有毒ガスを発生するので絶対に併用しないように気をつけましょう。

まとめ

水回りに付く白い汚れは水道水のカルシウムが付着した汚れです。
このカルキ汚れは付いたらすぐにメラミンスポンジやアクリルタワシでこすればきれいにすることができますが、時間がたって、こびりついてしまってもクエン酸を使うと簡単にきれいにすることができます。
クエン酸を有効活用してクリーンライフをお楽しみください。

スポンサーリンク