ホワイトデーを楽しもう!由来や贈り物のヒント

ホワイトデーを楽しむには

近所に住む小学6年生の男の子は、なかなかのイケメンで成績も優秀なのでクラスの人気者のようです。
バレンタインデーに大勢の女の子たちがチョコレートを届けにやってきていました。
もちろん彼はたくさんのチョコレートをもらってちょっと得意顔でもありました。
でもその一か月後にやってくるホワイトデーには、「もらったチョコレートよりも高いお菓子をお返ししなきゃならないから大変だ!」とも言っていました。

バレンタインデーは欧米でも盛んですが、ホワイトデーというのは聞いたことがないそうです。
日本人は頂き物をしたら、お返しをしなくてはと考えるので、ホワイトデーができたようですが、ホワイトデーができた由来とくだんの小学生のようにお返しが負担にならなくてもいいようなホワイトデーの楽しみ方を考えてみました。

ホワイトデーの由来

ホワイトデーの由来にはいくつかありますが代表的なものを紹介しましょう。

全国飴菓子工業協同組合

1978年3月14日を、キャンデーを贈る日として「ホワイトデー」を制定しました。

石村萬盛堂

3月14日をマシュマロデーと呼んで白いマシュマロを売り出しました。1980年に百貨店からの申し出により「ホワイトデー」と名称を変えました。

不二家・エイワ

リターン・バレンタインという名称で不二家がビスケットやマシュマロ、キャンデーなどを販売するようになり、1973年にエイワと協力して3月14日にマシュマロを販売するキャンペーンを行ないました。

ホワイトデーを3月14日にしたのは、バレンタインデーの2月14日に若い男女の結婚を助けたウァレンティヌス司祭が殉教した一か月後の3月14日に、二人が永遠の愛を誓い合ったとされていることや古事記や日本書紀においてはじめて飴が製造されたとされるのが3月14日だったことが由来とされています。
西洋の故事と日本の記念日を一緒にしたいかにも日本人的な発想ですね、

ホワイトデーの贈り物は?

相場

スポンサーリンク

さて倍返しとも言われて男の子を悩ませるホワイトデーの贈り物ですが、マシュマロやクッキー、キャンデー、ビスケットなどのお菓子が一番多いですね。
最近はアクセサリーやハンカチなどの雑貨も人気があるようです。

気前よく倍返し、あるいはそれ以上のものを贈る人もいますが、平均すると500円ぐらいが一番多く、500円~1000円が二位、1000円~2000円が三位となっています。
バレンタインデーのチョコレートの売り上げよりもホワイトデーのプレゼントの売り上げのほうが多いそうなので、確かに男性は女性にもらった物以上のものをプレゼントしているようです。

アイディアで勝負

ホワイトデーには高額なものを贈るばかりだったら、お小遣いの少ないモテモテ男子はちょっと困りますね。
ホワイトデーを楽しむためのちょっとしたアイディアをご紹介しましょう。

ある大学の先生は毎年女子学生からいくつものバレンタインチョコレートをもらいますが、自分一人でたくさんのホワイトデーのお菓子を買いに行くのは大変なので、お菓子作りが趣味の奥さんに頼んで手作りクッキーを焼いてもらって箱詰めにして、ホワイトデーに女子学生さんに配っているそうです。

デパートの売り場に行っても何を買ったらよいかわからない中年の会社員さんは、福祉作業所が手作りして売っているクッキーを買ってホワイトデーの贈り物にしていると聞きました。
この種のクッキーは手作りで温かみがあってほかの店では売っていないし、作業所のメンバーさんの売り上げにも協力できるので一石二鳥でもあるのですね。

もちろん本命のガールフレンドには、倍返し以上の素敵なお菓子やアクセサリーを贈るのもいいでしょう。
でも工夫次第で安価でも他にはないプレゼントを贈ってお互いが無理なく楽しむこともできるのではないでしょうか。

まとめ

ホワイトデーはバレンタインデーのお返しの意味合いから始まったもので、クッキーやキャンデー、マシュマロまたアクセサリーや雑貨を贈ることもあるようです。
バレンタインチョコよりも高価なものを贈ることが多いようですが、工夫次第で安価でも独自の贈り物を考えるのもいいかもしれません。
負担にならない範囲でホワイトデーを楽しみましょう。

スポンサーリンク