骨粗鬆症とは?どんな病気か知って予防しよう。

おとぎ話に出て来るおばあさんはよく腰が曲がって杖を突いていますね。
これは現代風に言えば骨粗鬆症だったのでしょう。
平均寿命が延びた今日、腰が曲がったり、ちょっとしたことで骨折したりして困っている人が大勢いますが、その原因の一つは骨が弱ってスカスカになってしまう骨粗鬆症なのです。
長寿はおめでたいことですが、歩けなくなったり、
寝たきりになったりすることがあっては困ります。
そこで、この骨粗鬆症について原因を調べ、予防方法を紹介します。

骨粗鬆症とは

骨粗鬆症は骨の強度が弱って、骨折しやすくなる骨の病気です。
骨粗鬆症になると骨がもろくなり、ちょっと転んだり、
手や肘をついたりするだけで骨折してしまうことがあるばかりか、
くしゃみをしただけで肋骨が折れてしまったという例さえあります。

原因は骨密度の低下ですが、骨密度は18歳ぐらいがピークで、
40歳ぐらいまではほぼ一定を保ちますが、50歳ぐらいから低下します。
骨は常に新陳代謝して古い骨を壊し新しい骨が造られているわけですが、
壊す働きが造る働きを上回ってしまうと骨がスカスカになるのです。
加齢が大きな原因ですが、閉経後の女性はホルモンの減少で特に骨粗鬆症になりやすく、
無理なダイエットや運動不足などの生活習慣も原因になります。
また特定の病気やそれに伴う薬の服用が原因になることも知られています。

骨粗鬆症は自覚症状がないので、
骨密度検査を受けて骨の状態をチェックしないとわかりません。
骨粗鬆症が進むと、骨折して寝たきりで要介護になる可能性が高くなるので、
早めの対策が必要です。

骨粗鬆症を予防するには

骨粗鬆症の予防には食事と運動そして定期的な骨密度検査が必要です。

骨を強くする食事

骨の形成に役立つ栄養素である、カルシウム、ビタミンD、ビタミンK、
などを積極的に摂りましょう。

カルシウムが多く含まれる食品は

スポンサーリンク

牛乳、乳製品、小魚、干しエビ、小松菜、チンゲン菜、大豆製品です。

ビタミンDを多く含む食品は

サケ、ウナギ、サンマ、メカジキ、イサキ、カレイ、シイタケ、キクラゲ、卵などです。

ビタミンKが多く含まれている食品は

納豆、ホウレンソウ、小松菜、ニラ、ブロッコリー、サニーレタス、キャベツなどです。

またスナック菓子やインスタント食品、
アルコールやカフェインを多く含むコーヒーの飲み過ぎを避け、たばこは控えましょう。

骨を強くする運動

骨は負荷がかかると骨を造る細胞が活発になり強くなります。
ですから、ウォーキングやジョッギング、
エアロビクスなどの運動を続けることは効果的です。

室内でもできる運動としては次のようなものがあります。

片脚立ち

不安いならば壁などにつかまりながら片脚で立ちます。
体重を片脚にかけることによって骨を強くする効果があります。

ふくらはぎとアキレス腱のストレッチ

壁に手をつきながら、片脚を前に出し膝を曲げて体重をかけ、
後ろの脚のふくらはぎを伸ばす。次に後ろの脚の膝を曲げ、アキレス腱を伸ばします。
片脚30秒から40秒ずつ交互に行います。

背筋を伸ばすストレッチ

壁から20~30㎝離れて立ち、壁に沿って両手をできるだけ上に伸ばします。
椅子に座って頭の後ろで手を組み、両肘をできるだけ後ろのほうに引き、胸を開きます。

定期的な骨密度検査

自覚症状がなくても40歳を過ぎたら、
定期的に骨密度検査を受けて自分の骨の状態を知るこことは大切です。
特に閉経後の女性は急速に骨密度が低下する可能性があるので、ぜひ検査を受けましょう。
自治体でも無料で検査をしてくれるところが多いので利用したいですね。

まとめ

栄養バランスのとれた食事をし、適度の運動を心掛け、
定期的な骨密度検査を欠かさずに受けて、骨粗鬆症を防ぎましょう。
骨折や寝たきり状態を予防して健康的な毎日を過ごしたいものですね。

スポンサーリンク